logo-orange.png

Flexcell(フレックスセル社)

顕微鏡観察用チャンバー

 Flexcellの顕微鏡観察用チャンバー(Microscopy)は、細胞に刺激を与えながら、観察するために設計されたチャンバーです。

​ モデルにより、伸展刺激、ずり応力、圧縮刺激を与えることが可能です。

製品ラインアップ

​ 1インチの培養面で伸展刺激が可能です。このモデルは他のFlexcellの培養プレートのメンバレンを移植して使用し、BioFlexで1.8~13.8%、TissueTrainで2.5~17.7%、 UniFlexで1.5~7.9%の伸展刺激が可能です。

 また正立顕微鏡で観察も可能です。

​ BioFlexと同じ、35㎜の培養面で伸展刺激が可能です。Loading Postを使用することにより、25㎜(Loading Post径)で1.6~14.8%、28㎜で1.9~13.4%、31mmで2.1~8.6%の伸展刺激が可能です。

 また正立顕微鏡で観察も可能です。

​ 径54㎜の培養面で1.6∼12%の伸展刺激が可能です。また正立顕微鏡でも倒立顕微鏡でも観察も可能です。

​ FX5000、FX6000、Flex Jr.で使用可能です。

​ 圧縮刺激が可能です。また正立顕微鏡で観察も可能です。

​ シェアストレスの観察が可能です。ずり応力を与える前、間、後に、伸展刺激(4%まで)を与えることもでき、流れもしくは刺激の細胞の反応を観察することが可能です。

関連製品

 単一のベースプレート、または顕微鏡デバイスを使用して、リアルタイムで細胞を伸ばすことができます。

 in vitroで培養された細胞に周期的または静的なメカニカルストレスを与えることができる、小容量のコンピューター制御の細胞伸長バイオリアクターシステムです。

 生体組織のひずみと周波数をシミュレーションして、筋肉、肺、心臓、血管、皮膚、腱、靭帯、軟骨、骨の細胞のリアルタイム応答を表示します。

 正圧、負圧を使用して、フレキシブルボトムの培養プレート上で培養された細胞に、周期的、静的なメカニカルストレスを加える、コンピューター制御のバイオリアクターです。

 BioFlex用CellSoftであれば、ソフトボトム上で分化させた細胞を移し替えること無く、そのまま伸展刺激を与えることができます。

 Streamer® は流体せん断応力装置で、層流、脈動流、振動流を用いて培養中の細胞への流体せん断応力を調節することができます。Flexcell社のStreamer® システムは、コンピュータ制御の蠕動ポンプを使用しています。Osci-Flow® フローコントローラーと併用して、0〜35dynes/cm2 の範囲で印加されるせん断応力レベルに基づいて、振動や脈動パターンの頻度を調節することができます。Flexcell®FluideSharSystemは、in-vitroで流体せん断負荷下での生化学的変化、細胞移動、シグナリングを観察できるように設計されています。

メーカー別/製品別

​サポート