インキュベーター内使用可能な蛍光顕微鏡の実例紹介

”ヒト多能性幹細胞(hPSC)” に基づく幹細胞治療の臨床応用は近年進歩しているものの、残存する未分化hPSCの存在によるテラトーマ形成の可能性は、依然として臨床応用の普及を妨げる深刻なリスク要因となっています。etaluma社のLumascopeのユーザーの "Luteolin Induces Selective Cell Death of Human Pluripotent Stem Cells " の著者は、"ヒト胚性幹細胞(hESC)由来の心筋細胞をLUTで処理すると、残留するhESCを効率的に除去し、カルシウム流入によって決定される心筋細胞(CM)機能にはわずかな影響しかもたらさない " と示しています。





etaluma社のLumascopeで制作したhESC-CMのカルシウム振動の動画はこちらからご覧頂けます。