エンジニアリング腱組織の最適化

動的機械刺激による細胞とマトリックスの整列


他の人工培養組織と違い、腱などの人工培養組織には、本来の組織に似た機械的特性が求められ、これらの特性は、組織組成と構成要素の物理的配置に起因します。


機械刺激効果を検証するために、パリ大学の研究チームは骨髄間質細胞を研究しました。 細胞をエレクトロスパン・スキャフォールドに播種し、静的および動的の両方条件下で培養し、動的培養が細胞配向、コラーゲン整列、および機械的特性の変化につながる程度を定量化しました。

研究チームは、”CellScale MechanoCulture T6”を使用して、組織サンプルを1Hzで1日2回、1時間ほど5%伸展しました。 論文全文はこちら


ピックアップ製品:MechanoCulture MechanoCulture T6 一軸組織刺激



MCT6は、強力なアクチュエーターとネジ式のクランプグリップにより、ユーザー指定の伸展プロトコルを可能にし、最大で幅10mm、長さ80mmまでの試験片を伸展出来ます。 また、より幅の広いシート状や繊維の試験片にも対応でき、機材全体を滅菌することで、インキュベーター内での長期間の細胞培養に適しています。 特徴

  • 最大80mmグリップ間隔の一軸伸展

  • シリコン、脱細胞化組織、ヒドロゲル、エレクトロスピニング材料など使用可能

  • PC不要の操作(プロトコルをロード後、PCを取り外して使用可能)

  • 単純、周期的、断続的な刺激プロトコルを可能にする専用ソフトウェア(無償)





詳細はオレンジサイエンスのHP www.orangescience.co.jpへ。 ご質問等は今すぐ info@orangescience.co.jpへご連絡ください。


セルスケール社の機器