logo-orange.png

セルスケール社ニュースレター 2020年2月版


今回も、お客様の論文とセルスケールの最新の商品をご紹介いたします。

新しい粘弾性のテスト方法


ピサ大学の Ludovica Cacopardo 氏とそのチームは、バイオマテリアルの新しい粘弾性のテスト方法にへのアプローチを示しました。

セルスケール社の MechanoCulture TR (MCTR 流体圧縮刺激培養装置)のような力制御システムを使用した様々な負荷速度の測定に基づき、一般的な Voigt モデルによって導き出された方程式に実験結果を適合させ、標準的な方法に変わる、新しいソフトマテリアルの力制御テスト方法の構築に成功しました。さらに読む


使用されたセルスケール社の機器: 流体圧縮刺激培養装置(MechanoCulture TR/MCTR)

Ludovica氏の研究について更に読む


進行性角膜架橋手術の最適化


Avedro社(現在のGlaukos社)は角膜研究に注力し、円錐角膜などの目の疾患の治療の研究を進めてきました。最近、Dr.Desmond Adler氏を中心として、角膜架橋手術や円錐角膜の治療、角膜拡張に関する論文を発表しました。実験では、複数の豚の目を同時に治療し、測定する、カスタマイズされたチャンバー(写真参照)を使用しました。

角膜のサンプルの生物力学的テストはセルスケール社の2軸同時伸展強度測定装置(BioTester)で行われました。


使用されたセルスケール社の機器:2軸同時伸展強度測定装置(BioTester)

Avedro社の研究について更に読む



圧縮刺激+Force測定 培養装置(MechanoCulture TX/MCTX)のハイライト


つい最近、MechanoCulture TX (MCTX /圧縮刺激+Force測定 培養装置)が発売され、問い合わせが急増しています。MCTXは、3D培養されたサンプルを6個のWellに入れ、メカニカルな圧力を与えながら培養し、Well内のサンプルのForceを測定できる装置です。テストプロトコルはシンプルな圧縮から、断続的なサイクルでのテストなど、様々な設定が可能です。

詳しいスペック、お問い合わせはこちらから


詳細はオレンジサイエンスのHP www.orangescience.co.jpへ。

ご質問等は今すぐ info@orangescience.co.jp までご連絡ください。




top-menu-logo-bg-100.jpg