logo-orange.png

セルスケール社 マトリックス形成を調節するための線維芽細胞メカノシグナル伝達

細胞応答の促進

瘢痕組織形成の制御による心臓発作合併症軽減の可能性。



Clemson UniversityのRichardson LabとUniversity of Virginia の研究者たちは、生化学的アゴニストと周期的一軸ストレッチの組み合わせに反応する心臓線維芽細胞分泌タンパク質のスクリーニングを開発しました。

この研究では、ストレッチがアゴニストと相乗的に作用して、生化学的分泌を増幅または抑制し、線維芽細胞の感受性を調節するとしています。 ここではタンパク質、プロテアーゼ、プロテアーゼ阻害剤と機械的、化学的環境との相互作用を理解することが重要です。

セルスケール社の MechanoCulture FXを、カスタムしたPDMSアンカーポストとともに使用して、周期的な6%のひずみを1HZで96時間与えました。FXは細胞培養環境内で動作し、顕微鏡イメージングを容易にする独自の機能があるため、この研究に最適でした。


論文全体はこちらから


セールスエンジニア募集中!!

オレンジサイエンスでは、一緒に働いて頂ける、セールスエンジニアを募集しております。詳細は下記リンクからご確認下さい。

https://www.orangescience.co.jp/recruit


詳細はオレンジサイエンスのHP www.orangescience.co.jpへ。 ご質問等は今すぐ info@orangescience.co.jpへご連絡ください。