logo-orange.png

セルスケール社-IDNハイドロゲルとメタクリル化ゼラチンバイオインク


今回は、薄膜フィルムとバイオプリンティングに関するお客様の興味深い論文をご紹介します。


薄膜フィルムと反ダブルネットワーク二層膜の経口ドラッグデリバリーシステムの比較


サンアントニオのテキサス大学のDr.Teja Gudaとその研究チームは、薄膜フィルムと反ダブルネットワーク二層膜の経口ドラッグデリバリーシステムの比較研究を行いました。刺激下でのハイドロゲルの曲がり方や折れ方をどのようにコントロールするかを研究し、抗生物質のバンコマイシンを使用して薬物放出能力のプロファイリングを行いました。

更に読む


使用されたセルスケール社の装置: 液中1軸引張強度測定装置(U-Stretch) Dr.Guda氏の研究についてはこちらから http://engineering.utsa.edu/biomedical/team/teja-guda-ph-d/


バイオプリンティングのための塩化物塩とナノ粒子を含むメタクリル化ゼラチンの最適化



ウォータールー大学のDr. Patricia Comeau氏とDr. Thomas Willett氏は、バイオプリンティングのカスタムした構造足場用の最適なバイオインクを製造するために、メタクリル化ゼラチン (GelMA)内の塩化物塩とハイドロオキシアパタイトナノ粒子(nHA)レベルの変化について研究を行った。

更に読む

使用されたセルスケール社の機器: 1軸圧縮・引張・3点曲げ強度測定装置(UniVert) Dr.Willett氏の研究についてはこちらからhttps://uwaterloo.ca/waterloo-composite-biomaterial-systems-lab/


詳しくはオレンジサイエンスのHPへ https://www.orangescience.co.jp/ ご関心のある方は今すぐ info@orangescience.co.jp までご連絡ください!




top-menu-logo-bg-100.jpg

メーカー別/製品別

​サポート