logo-orange.png

セルスケール ニュースレター 2020年9月

今月は、セルスケール社のBioTesterが使用された中で、最も多く引用された論文についてご紹介します。

引用数:56個

<Leaflet stress and strain distributions following incomplete transcatheter aortic valve expansion>


経カテーテルによる大動脈弁の交換において、硬い枠がない中でインプラントは天然のアニュラスの中に広がっていきます。この研究において、特殊な空間での圧迫や緊張分布における不完全なインプラントの拡張の効果について検証されています。コンピューターモデリングのための材料特性を決定するために、セルスケール社のBioTesterが使用されました。



論文を読む


引用数:54個

<Multi-scale mechanical characterization of scaffolds for heart valve tissue engineering>


エレクトロスピニングの材料は、好ましいマクロ構造の特性に導く複雑なマイクロ構造をしています。 この研究において、オランダのEindhovenの研究者達はマイクロ構造の複雑な特性を予測するコンピューターによるモデルを開発しました。

この予測はセルスケール社のBioTesterを使ったメカニカルテストによって立証されています。


論文を読む


引用数:53個

"Building a better infarct: Modulation of collagen cross-linking to increase infarct stiffness and reduce left ventricular dilation post-myocardial infarction"


心筋梗塞が起こった後は、左心室の組織が薄く弱く形成し直す可能性があります。この研究では、梗塞後のマウスにおけるMMP9の欠失は、フィブロネクチンの貯蓄とリシルオキシダーゼの活性化により、梗塞の硬化を増加させ、コラーゲンの減少とコラーゲンのクロスリンキングの促進により拡張を妨げると結論付けました。


論文を読む



引用数:40個

<JetValve: Rapid manufacturing of biohybrid scaffolds for biomimetic heart valve replacement>


この研究では、ハーバード大学のParker研究室は、即時に機能的に移植が可能な無細胞心臓弁足場を作り出し、時間をかけて求める組織修復を促進する内因性メカニズムを促進を試みました。初期のメカニカル特性の決定にはセルスケール社のBioTesterが使用されました。





論文を読む


引用数:37個

<Improved Geometry of Decellularized Tissue Engineered Heart Valves to Prevent Leaflet Retraction>


移植後の脱細胞化した人工心臓弁においては細胞再増殖と組織修復がなされます。 この研究ではEindhovenの研究者たちが、修復プロセスを通して心臓弁の機能を最大化する移植配置を向上させました。インビトロにおいて300万回サイクル後の心臓弁の評価にセルスケール社のBioTesterが使用されました。


論文を読む





BioTesterについてもっと詳しく知りたい方はこちら


詳細はオレンジサイエンスのHP www.orangescience.co.jpへ。 ご質問等は今すぐ info@orangescience.co.jpへご連絡ください。




メーカー別/製品別

​サポート