top of page

バイオテスター 2軸同時引張試験機のご紹介


CellScale社

BioTester(二軸同時引張試験機)


ひずみがコラーゲンの分解と修復に与える影響


 Clemson大学の研究チームは、異なる引張力が特定の酵素によるコラーゲンの分解にどのような影響を与えるかを調べるため、ブタの心臓心膜のサンプルを用い、CellScale社/BioTesterを使い、サンプルを機械的にひずませました。

 

 その結果、ある酵素、カテプシンKは、ひずみによって機械的分解が促進されたが、別の酵素では、ひずみに対してより複雑な反応を示しました。さらに、質量分析によって、ひずみレベルに応じて異なる分解副生成物が明らかになりました。


 この研究は、メカノバイオロジーに新たな視点を導入するものであり、機械的な力が分解産物に影響を与え、それが組織のリモデリングにおいて重要な役割を果たす可能性があることを示唆しています。






 この論文で使用された BioTester は、熊手のような治具で固定されたサンプルを、二軸に同時に引張り、その強度を測定できるシステムです。ソフトウェアにより、引張(負荷)、保持、除荷のフェーズを制御でき、上のカメラにより変位を画像データとして撮ることも可能です。また、液中での測定も可能です。




 



CellScale社では、その他にも、下記のラインアップがございます。

生体サンプルの引張・圧縮試験(液中測定可能)・マイクロスケールの圧縮試験機








Kommentare


bottom of page