伸展刺激培養装置+電気刺激培養装置のご紹介

Flexcell/1プレート用伸展刺激培養装置 IonOptix/電気刺激培養装置

  • Flexcell®のFlex Jr.は、今までの機能をそのままに、1プレートのソフトボトムプレートで、場所をとらず簡単に、培養細胞に伸展刺激を与えることができるシステムです。

  • ソフトボトムプレート(BioFlex)は予めコーティングがされておりますので、細胞の接着に悩まされず、すぐにお使い頂けます。

  • コーティングは、Collagen I, Collagen IV, Elasin, Laminin, ProNecin, Aminoからお選び頂けます。

Flexcell社の新製品 Flex Jr.(1プレート用伸展刺激培養装置)詳細はこちら

Flex Jr.システム:専用ソフトが入ったパソコンと左のコントローラー(Flexlink)で、ポンプの真空圧を制御し、ソフトボトムプレート(BioFlex)の底面を伸展させ、そこに播種された細胞に伸展刺激を与えます。


Flex Jr.の詳細はこちら



伸展刺激+電気刺激

  • IonOptixのC-Paceシステムは、汎用培養プレートに適合したカーボン電極プレート(C-Dish)で、Wellのメディアを通して、細胞に電気刺激を与えながら培養ができる装置です。

  • C-Dishは汎用培養プレート用の他、FlexcellのBioFlexプレート用もございます。

  • Flexcellの装置と併用することにより、伸展刺激と同時に電気刺激を与えることが可能です。

  • 従来のFlexcellの装置(4プレート用)にもご使用頂けます。


Flex Jr.用プレートとC-Dish
左写真:Flex Jr.用プレートとC-Dish
C-Dishをセットした状態
右写真:C-Dishをセットした状態

C-Paceシステム詳細はこちら




詳細は弊社HPをご覧ください。www.orangescience.co.jp ご質問等は、こちらへご連絡下さい。info@orangescience.co.jp



細胞生物学の研究機器取り扱い-オレンジサイエンス