logo-orange.png

組織の計測はCellScaleの製品で! ~使用論文紹介~


本記事では、発表されたお客様の論文で掲載されたセルスケール社の商品や、非常に優れた新しい製品についてご紹介します。

増殖因子の持続的配送のためのプルランマイクロビーズ/Si-HPMC ヒロドゲル注射システム


フランスのNantes大学のDr Catherine Le Visage教授は、椎間板変性の治療における再生医療の研究成果を報告しました。 国立保健医学研究所(Inserm)における彼女のグループは、マイクロビーズを利用し、注射で増殖因子であるGDF-5 と TGF-β1を送るシステムを作りだし、生体内でのテストを行いました。 >>更に読む

※セルスケール社の MicroTester(マイクロスケール圧縮強度測定装置)を使用



抗疲労骨折ヒドロゲル


マサチューセッツ工科大学のZhao研究室のParada氏とそのチームは、疲労特性が低く、繰り返しの伸縮 - 弛緩サイクルで破損してしまうヒドロゲルの研究を行いました。 ナノサイズの結晶領域を導入すると、ヒドロゲルは、疲労閾値を有するシングルノッチ試験を受けるように、最高1000 J/m2まで飛躍的に強化されました。 >>更に読む

※セルスケール社の UStretch(液中1軸引張強度測定装置)を使用



セルスケール社の新製品:利便性を考え設計された生体模倣システム(MPS)! セルスケールは創薬プロセスを改善する為に、新システムを開発中です。 このシステムは、流量を一方向に制御する、マルチウェル培養システムです。



<主な特徴> ・特許申請中 再循環チャンネル ・シングルユース  (組立不要、動力部品無し) ・SBSフォーマット ・共培養バリヤー機能 ・一方向生理的流量 この製品は現在BETA段階です。 更に詳しく知りたい方は、是非お問合せ下さい!







詳しくはオレンジサイエンスのHPへ www.orangescience.co.jp ご不明な点は今すぐ info@orangescience.co.jp まで!





top-menu-logo-bg-100.jpg