top of page

肩腱板断裂の理解の為の物性強度試験




 最近、整形外科研究学会(ORS)で発表された研究では、腱板の有限要素(FE)モデリングについて議論された。一般的な肩の損傷である腱板断裂の理解と治療は、棘上筋腱の複雑な構造のために困難である。本研究では、CellScale Univert システムとFEモデリングを用いて、様々な条件下での小・中型RC断裂の内部ひずみを評価することを目的とした。両ツールは腱の力学的挙動をシミュレートするために使用される。

 この研究により、腱のひずみは断裂の大きさとともにエスカレートするものの、多くの日常的な活動や特定のリハビリ運動は、断裂の進行を悪化させるひずみの閾値以下であることが明らかになり、RC損傷者に対する安全性が確認された。この研究は、臨床現場において患者固有のFEモデリングを使用することで、RC断裂の進行リスクをよりよく理解し、管理することができることを示唆しており、断裂の大きさや肩の腱にかかる特異的なひずみに基づいたオーダーメイドのリハビリエクササイズの重要性を強調している。






UniVert(1軸引張・圧縮試験機)



 CellScale社のUniVertは、1台で引張、圧縮、3点曲げ試験が可能です。ロードセルは着脱式で、4.5~200Nまでものが使用可能です。1KNモデルだれば、1KgNまで使用可能です。プロトコルは専用ソフトで、負荷、保持、除荷のそれぞれの距離、時間が簡単に設定できます。オプションの縦型・横型バスにより、縦方向、横方向での液中測定も可能です。










 


MicroTester G2(マイクロスケール圧縮試験機)


 CellScale社のMicroTesterは、0.07~1.5㎜径のタングステン製のマイクロワイヤーでサンプルを押し込み、前方のカメラでその変位を捉え、マイクロワイヤーのバネ定数、たわみなどから、サンプルにかかる力(N)を割りだすことが可能です。 

 マイクロワイヤーにプレートを取り付けての測定や、液中測定も可能ですので、様々な条件での試験が可能です。










上記の他にも様々な製品を取り扱っております。





Comments


bottom of page