top of page

血管壁圧・カルシウム測定システム

IonOptix社

Blood Vessel 測定システム



 Nature誌に掲載された論文で、脳βアミロイド(Aβ)病態の発症を可能にする重要なメカニズムが、膵臓アミリンの脳血管への蓄積にある可能性があることを発表されました。 

 著者らは、IonOptix Vessel Diameter Systemを用いた脳動脈の血管緊張の測定を含む一連の研究を行い、膵臓由来のアミリンがAβクリアランスの分子経路に果たす役割を明らかにしました。この研究は、アルツハイマー病を含むAβ病態のスクリーニングや治療のターゲットとなることを示唆しており、特に興味深いものです。


 また、心臓組織スライスの作製、力とカルシウムの測定について詳述した最近のウェビナーも、当社のウェブサイトでご覧いただけます。心臓組織スライスを研究用モデルシステムとして活用することに興味をお持ちの方は必見です。






 

ー 製品紹介 ー

Intact Mussle Chamber/ 筋組織収縮力測定装置


 Intact Muscle Chamberは乳頭筋を簡単に測定できるように設計されています。このシステムはチャンバー、フォーストランスデューサー、プログラムによる張力の制御が可能なピエゾコントローラーから成っており、特性のプラチナ製のオメガクリップで乳頭筋の両端を固定することにより、装置のフックに簡単に取り付けることができ、また直接電気刺激を与えることができます。※別途、電気刺激装置(MyoPacer等)が必要


 下記の動画は、Intact Mussle Chamberにアタッチメントを付属した、心臓スライスの収縮力測定装置です。より詳細を知りたい方は下記のリンクからご覧ください。







他の取り扱い装置は弊社のHPをご覧ください。 お問い合わせは、下のボタンからお願いします。






Comentarios


bottom of page