軟骨組織のメカニカルテスト

CellScale社 MicroTester

 軟骨は、マトリックスと細胞の体積比が高く、移植組織の結合がうまく行かないことが多いため、非常に完治しづらい組織です。それを改善する一つのアプローチは、組織マトリックスを部分的に破壊して、移植結合部での細胞-細胞相互作用を促進することでした。


 クイーンズランド大学の研究チームは、最近、軟骨マイクロティッシュを使って、大量のin vitro試験を行いました。組織統合の改善には成功しましたが、MicroTester G2を用いたメカニカルテストと偏光イメージングにより、破壊されたコラーゲンネットワークは、機械的機能を修復するためのリモデリングが行われなかったことが分かりました。


 彼らは、移植結合を達成すると同時に、組織マトリックスを保存または修復させることの重要性を強調しています。また、これらの特性を測定するための適切な方法として、CellScale社のMicroTesterを提案しています。




製品紹介/MicroTester G2



特徴

  • 力学解像度: ~10nN

  • 位置解像度:~0.1um

  • 3軸モーター駆動エンドエフェクター & イメージングシステム

  • リアルタイム イメージング & データ解析ソフトウエア

  • 液中測定用 温度制御メディアバス

GEN3モデル 特徴

  • 3倍速制御ループで、より正確な動作軌跡を実現

  • step/ramp/sinusoidal モーション波形

  • 最大1mm/sまでの連続可変速度

  • 小刻みな動作でスムーズな動きと振動の低減を実現


小さなサンプルを微弱な力で試験する場合、力の分解能、使いやすさ、汎用性、試験の可視化、信頼性を実現できるのは、マイクロテスターだけです!




上記以外にも、刺激培養装置、小型顕微鏡などを取扱っております。



セルスケール社の機器