2軸同時伸展試験機のご紹介(BioTester)

CellScale社BioTester(2軸同時伸展試験機)使用論文のご紹介 硬膜に付する方向性のある機械的特性による脳の保護


ほとんどの生態組織は不均一、階層的、異方性、非線形、頻度依存した適応複合体です。BioTesterでの機械的試験は、サンプル自体での試験が可能なため、コンピューターモデルのデータ精度をさらに高めることができます。 "Acta Biomaterialia"では、アイルランドの研究者が、外傷性脳損傷に対して重要な役割を担っている脳髄膜組織に関して研究した論文が紹介されました。 頭蓋骨内に脳を覆うように膜組織を形成する多くの組織は、今まで十分な機械的データを取ることができませんでしたが、BioTesterでの機械的データの補填は、外傷性脳損傷のより良いコンピューターモデルの発展、血管形成術中の更なるリスク調査、それに加えて移植組織の選別にも寄与するものと考えられます。 参照論文はこちら

BioTester 製品ページ


BioTester(2軸同時伸展試験機)

主な特徴

  • 4個のロードセル内蔵高性能駆動装置

  • 早く安全な標本の固定を可能にする”BioRakes”(固定用ツール)

  • 引張り強度の画像解析ツールを持つ高解像度カメラ

  • 温度制御可能な液中測定用バス

  • リアルタイムフィードバック可能なソフトウエア

その他詳細に関しては、オレンジサイエンスまで




BioTester 3000 についてもっと知る


詳細はオレンジサイエンスのHP www.orangescience.co.jpへ。 ご質問等は今すぐ info@orangescience.co.jpへご連絡ください。


セルスケール社の機器