CellScale社 MCTR静水圧刺激培養装置を使った論文のご紹介

微小重力と静水圧を利用した膝半月板の試験管内試験


 変形性膝関節症の原因や、この症状が女性に多いことについては、まだ解明されていないことが多くあります。


University of Albertaの研究者たちは、膝半月板コンストラクトを微小重力、静的な通常重力、断続的な周期的静水圧の条件下で培養しました。このコンストラクトは、組織学、免疫蛍光学、GAG/DNA、RNA配列、機械的試験により評価されました。


 その結果、微小重力は変形性関節症の特徴を誘発し、一方、周期的静水圧は軟骨形成を促進することが判明し、また、男性/女性の違いも示されました。


 この研究には、CellScale社のMechanoCulture TR (MCTR)が使用され、サンプルの周期的静水圧の制御を行いました。




製品紹介/MCTR



特徴

  • 負荷容量: 50~700KPa(0.05~0.7MPa)

  • 最大周期:5 Hz

  • Wellサイズ:径20mm

  • 制御:専用ソフトウエアにより、Load, Hold, Recoverを秒数で設定可能

MechanoCulture TR で、簡単に、圧縮刺激培養がお試し頂けます!




 

ピックアップ製品紹介

UniVert/バイオマテリアル引張・圧縮試験機



特徴

  • 負荷容量: 0.5~200N(ロードセルに依存)

  • 力学解像度:0.2%

  • 最大駆動範囲:300㎜

  • リアルタイム イメージング & データ解析ソフトウエア

  • 液中測定用 温度制御メディアバス(オプション)

  • 1台で引張、圧縮、3点曲げ(オプション)試験が可能です



上記以外にも、刺激培養装置、小型顕微鏡などを取扱っております。