Flexcell社/ FX-6000(真空圧伸展刺激培養装置)骨形成のためのレプチン受容体/ 肺損傷モデルへの応用


メカノセンシングチャネル

ハイライト1:メカノセンシングチャネル


Dr. Bo Shenによる、レプチン受容体陽性細胞(LEPR +)、オステオレクチン、Piezo1、および骨形成の促進におけるマウスモデルでの運動に関する魅力的な論文


「骨形成およびリンパ球形成のための機械感受性関節周囲ニッチ」(Shen その他、Nature、2021)があります。


それらの結果は、運動および疾患に明確な影響があることを示しています。できる限り外に出て運動をすることで、免疫システムを刺激し続けることができるかもしれません。



肺損傷(ARDS、COPD、COVID-19)invitroモデル

Dr.Shenらは、骨髄の細動脈と呼ばれるマウスの血管に沿って存在し、タンパク質のレプチン受容体(Lep R)とオセトレクチン(Oln)を発現する骨細胞前駆細胞のグループを発見しました。


ハイライト2:肺損傷(ARDS、COPD、COVID-19)invitroモデル


Boston Children’s Hospital とHarvard Medical Schoolの研究者達は、Flexcell®FX-6000テンションシステムを使用し、ストレッチ誘発性肺損傷を研究するための新しいinvitroモデルを開発しました。肺上皮細胞の周期的なストレッチを使用して、高低一回換気量(TV)換気を模倣し、さまざまなレベルの細胞死と、集中治療室で使用される特定の麻酔薬(デクスメデトミジンおよびプロポフォール)の効果を研究しました。その結果、高いTV模倣ストレッチが細胞死の増加と関連しており、デクスメデトミジンが細胞死の程度を増加させることがわかりました。このモデルではマウス肺胞上皮細胞が使用されましたが、このモデルによる研究の限界も指摘しています。肺損傷に関するより確実な結果を得るためには、他の肺細胞タイプについて、初代肺細胞、マクロファージ/単球や、in vivo研究も含むin vitroストレッチモデルを使用する必要があります。


参考文献:Mitsui、et al。、“ Invitro Model of Stretch-induce Lung Injury to Study of Different Lung Ventilation Regimens and the Role of Sedatives”、Transl Perioper PainMed。 2020; 7(3):258–264。



MLE-15セルを球と見なす場合

(a)MLE-15セルを球と見なす場合、R1、R2、およびR3はスキームとして定義。 LPS、リポ多糖。 (b)セルの長さと時間の関係。伸展時間はS、反動する時間はRと表記。



セールスエンジニア募集中!! オレンジサイエンスでは、一緒に働いて頂ける、セールスエンジニアを募集しております。詳細は下記リンクからご確認下さい。 https://www.orangescience.co.jp/recruit



詳細は弊社HPをご覧ください。www.orangescience.co.jp ご質問等は、こちらへご連絡下さい。info@orangescience.co.jp