IonOptix社 MultiCell System単離心筋細胞解析装置(全自動モデル)アルツハイマー病と心機能不全の関連性を探る



 University of South Floridaの研究者らは、アルツハイマー病モデルマウスを用いて、心血管系疾患の同時進行を分類したことを、論文で発表しました。

 単離心筋細胞から動物全体にわたる研究により、AD発症と左室駆出率の低下と単離心筋細胞におけるカルシウム流入の減少に伴う収縮能の低下の相関が示されました。

 彼等は、AMPK活性化の増加と相まって、心機能の低下はミトコンドリア機能の低下とエネルギー枯渇に起因すると仮定し、これは酸素消費率の低下という観察結果から確認されました。また、活性酸素種と炎症の増加も確認され、βアミロイドの沈着が増加すると、長期の虚血によるエネルギー不足が生じ、その結果、ミトコンドリア機能が低下して酸化ストレスが増加すると結論づけられた。


 彼等は、単離心筋細胞のサルコメア長の短縮-伸長およびカルシウム過渡振幅の特性評価にIonOptix社のMultiCellシステム(全自動モデル)を使用しました。

 単離心筋細胞を用いた同様のECカップリング測定にご興味をお持ちの方は、ぜひご連絡ください。以前からあるマニュアル方式のMyoCyteシステムや、それを自動制御可能にするMultiCell Liteシステム、iPS細胞の解析に使用可能な、CytoMotion Liteなどをご用意しております。






他の取り扱い装置は弊社のHPをご覧ください。 お問い合わせは、下のボタンからお願いします。