MicroTesterによる主翼素材の機械試験/MCT6による応答性バイオセンサ-の耐久試験

飛行機の翼の多型素材の機械試験


飛行機の多形翼は飛行パフォーマンスと効率が最大限になるよう作られています。 それを可能にするには、積載量と形状維持のために翼表面は内部の柔軟性と外部の剛性が必要となります。 ハリファ大学の研究者が、特徴的なラテックスの研究を最近発表しました。 このチームは、CellScale社の"BioTester"を用いて、一軸、二軸での剪断試験をし、その他の要素として負荷率、ヒステリシス損、応力緩和を研究しました。 研究者達は、多形翼が複雑なストレス状態にあり、翼表面が剪断負荷に晒されている事を発見し、多形翼表面の素材はよりヒステリシス損と応力緩和持っていると結論付けました。 この研究は素材分析の土台を築きました。 こちらで論文全文がお読みいただけます。


BioTesterの詳細はこちら


負荷応答性バイオセンサー



ウェアラブルや埋め込み式の健康管理技術を確立したいのであれば、センサー技術の発展は不可欠です。アイルランド国立大学ゴールウェイ校の研究者は高分子インクと銀のナノワイヤーを、3Dプリンタで作成したプロトタイプ・センサーの一部に使用しました。これらのセンサーは生体内で21日間の物理的な負荷の測定に使用されました。 センサーへの負荷及び電気シグナルのパフォーマンスは、CellScale社の"MechanoCulture T6"を用いて測定されました。この装置を用いて5%、0.5Hzの頻度で21日間の伸展を行い、センサーの電気出力を観察しました。このテストにより、900,000サイクル以上の機能を有することを証明しました。 こちらで論文全文がお読みいただけます。


MCT6の詳細はこちら 詳しくは、弊社HPをご覧ください  www.orangescience.co.jp ご質問等は今すぐ info@orangescience.co.jp へご連絡ください。





セルスケール社の機器