logo-orange.png

強度測定 - コンテンツ一覧

UniVert

UniVertは、コンパクトな設計と多様なコンポーネントにより、好きな時に好きな場所で、簡単に幅広いレンジのメカニカルテストを行うのに、非常に理想的です。

マウス アキレス腱の

引張試験

セルスケール社のUniVert(ユニバート)は、生体サンプルの引張試験に特化した引張試験機です。
マウスのアキレス腱の引張試験にも対応しており、ロードセルの交換によって1N~200Nまでの引張試験が可能です。

引張強度試験

引張強度試験とは、サンプルが破壊されるまで張力をかけ、その張力に対するサンプルの反応や数値を測定する機械的試験です。

一軸圧縮試験

一軸圧縮試験とは、サンプルを圧縮した際の安定性や強度など、機械的性質を評価するための試験です。

コンクリートや岩石などで用いられることが多く、円柱形のサンプルを一軸で圧縮し、強度や変位などの数値を求めます。

圧縮強度とは

圧縮強度とは、サンプルを圧縮・押しつぶした際に測定されるサンプルの機械的特性の数値のことです。

サンプルを圧縮した際に求められる反応や数値を測定し、機械的強度を調べます。

引張試験機

セルスケール社のUniVert(ユニバート)は、最大 200N までの引張試験が可能な引張試験機です。

幅が22cm、高さが54cmと非常にコンパクトなため、試験室だけでなく、あらゆる場所で引張試験を行うことができます。

骨の圧縮強度測定

UniVert(ユニバート)は骨・人工骨などの圧縮強度測定・圧縮試験を容易に実現します。

モジュール交換で引張試験や3点曲げ試験にも対応し、コンパクトな形状で場所を選ばす圧縮試験を行うことができます。

圧縮強度試験

圧縮強度試験とは、サンプルを圧縮・押しつぶした際のサンプルの反応や数値を測定する機械的試験です。

一軸圧縮強度

一軸圧縮強度とは、サンプルの圧縮強度を示す値で、円柱状のサンプルが破壊されるまでに耐えることができる一軸方向の最大の圧縮応力のことです。横に対する側圧がゼロで測定されるため「圧縮強度」とは違い「一軸圧縮強度」と呼ばれています。

曲げ試験とは

曲げ試験とは、サンプルに曲げる力を加え、たわみ、曲げ応力、曲げひずみ、などの数値を測定する機械的試験です。中心からの1点と下方向からの2点でサンプルを曲げる3点曲げ試験や中心からの2点と下方向からの2点でサンプルを曲げる4点曲げ試験などがあります。

圧縮試験機

コンパクトなパッケージであらゆる場所で簡単に圧縮試験を実施できます。

ソフトウェアを使用し、リアルタイムでテストプロトコルをグラフ化・モニタリングでき、高品質で費用対効果の高い圧縮試験を実施できます。

スキャフォールドの

圧縮強度測定

マトリクス工学や再生医療、細胞研究での細胞増殖、細胞分化、幹細胞研究でスキャフォールドは広く使用されています。
スキャフォールド素材がiPS細胞やES細胞とともに研究が進めば、再生医療が大きく前進します。

3点曲げ試験

3点曲げ試験は、サンプルを中心からの1点と下方向からの2点でサンプルを曲げ、たわみ、曲げ応力、曲げひずみ、などの数値を測定する機械的試験です。

引張強度とは

引張強度とは、サンプルが破壊されるまで張力をかけ、その張力に対するサンプルの反応や数値を測定し求められる、機械的強度の値です。

曲げ試験器

セルスケール社のUniVert(ユニバート)は、1N~200Nまでの曲げ試験に対応する曲げ試験器です。
UniVertは研究者によって開発されたため、生体系サンプルの試験を得意とし、生体サンプル試験の豊富な応用例を有します。