top of page
慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは、タバコの煙や環境汚染物質などの吸入刺激物質にさらされた結果、肺症状(肺気腫、慢性気管支炎、またはその両方の組み合わせなど)を引き起こす一連の慢性肺疾患を指す用語です。COPDの肺の病態には、特徴的な病変、慢性炎症、過剰な粘液産生、そして重症度に伴う固定的な気流制限の程度が含まれます。COPDは世界的に罹患率と死亡率の主な原因の一つとなっています。臨床では、医師は診断とモニタリングのために、またGOLDスケールで定義された重症度の評価のために、スパイロメトリーとその結果パラメータ(FEV1やFVCなど)に大きく依存しています。その他の肺機能測定、例えば圧-容積曲線、強制振動、胸部画像診断などは、診断の確定や疾患の進行の評価に、気管支振盪検査に加えて使用されます。

flexiVent

包括的かつ統合的な評価

flexiVent

前臨床COPD研究では、肺胞の構造的変化(たばこの煙による肺胞破壊など)を、抵抗、コンプライアンス、スパイロメトリーなどの肺機能測定値の変化と関連付けることがしばしば課題となります。flexiVentは、肺機能低下に関する様々な疾患決定因子(誘発された損傷の程度やパターンなど)を統合的に評価できる包括的なツールです。高い感度と再現性で肺の力学的特性を測定します。さらに、圧-容積曲線、肺容積の変化(吸気容量や強制吸気容量など)、強制呼気の結果を通じてCOPDの肺を確実に評価し、臨床的に関連する情報を提供します。

論文

inExpose

コンパクト、再現性、自動化

inExpose はコンピュータ制御のコンパクトなシステムで、複数のスモーク発生装置やアダプターと統合できるため、特定のスモーク用途に幅広く対応できます。内部容積が小さいため、タバコ/大麻/電子液の量を最小限に抑えながら、希望する濃度に到達させることができます。ポンプは、標準およびカスタマイズされたパフプロファイルを提供できるよう特別に設計されています。COPDモデルの作成には、一般的に使用されているISO標準やカナダのパフプロファイルなどの業界標準がよく使用されます。

 

煙の組成は多くの技術的要因の影響を受けます。例えば、煙の成分は、煙がサイドストリーム、メインストリーム、または環境タバコの煙から採取されたものであるかどうかで異なります。タバコの銘柄、水濾過煙(フッカー)、葉巻、電子タバコの成分や香料が異なれば、煙の組成も異なります。さらに、パフプロファイルの選択はタバコの収率に影響します。従って、煙の影響を研究する場合、各実験セッションで一貫して同じ煙組成を再現性高く導入できることが重要となります。

 

現在までに、inExposeシステムのこの汎用性とプログラム性は、in vivoおよびin vitroの両方で、煙の影響を評価するためのさまざまな暴露研究に採用されています。

論文

vivoFlow

症状スクリーニング

全身プレチスモグラフ

COPDの症状には呼吸困難、慢性咳嗽、慢性喀痰が含まれます。プレチスモグラフィは非侵襲的な手法であるため、換気パラメータ(呼吸回数、潮容積、吸気または呼気のピーク流量など)の変化に基づいて被験者を迅速にスクリーニングする強力な手段となります。また、咳などのイベントも検出し、モニターすることができます。

論文

emka Technology社は、1992年にフランスで設立され、当初は、アイソレーテッドオーガンバスやランゲンドルフ灌流装置を開発、製造しており、2000年には非侵襲性のテレメトリーをリリース、2014年には、SCIREQ社(カナダ)をグループに入れることにより、呼吸器研究用機器を製品ポートフォリオに加え、幅広い分野の機器を、世界の研究者の方々に提供しています。

 

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店です。日本国内で展開される様々な研究プロジェクトを支え、研究者の皆様がより効果的かつ効率的に研究を進められるよう、迅速で専門的なサポートを提供しています。

emkaLogo.png

​​主な製品

  • マウス・ラット用テレメトリー

  • ジャケットテレメトリー

  • オーガンバス

  • ランゲンドルフ

scireq.png

​​主な製品

  • マウス・ラット肺機能測定装置

  • マウス・ラット呼吸測定装置

  • 吸入暴露装置

  • ​細胞暴露装置

bottom of page