logo-orange.png

マイクロスケール圧縮強度測定装置(MicroTester G2・LT)

MicroTesterはサンプルを押し込む細いワイヤーが取り付けられた力覚センサーにより、微小な変化を検知することによりサンプルへの負荷が測定でき、またチャンバー前方に取り付けられた高解像度カメラにより、サンプルの変位の画像解析も可能です。

CellScale MicroTester 測定画面

測定画面動画

​実際の測定の動画です。サンプルをビームに取り付けられたプレートで、20秒間に100µm圧縮している様子です。画面中央には、チャンバーを正面から見たカメラの映像、画面右には、Force/Time、Displacement/Time、Force/Displacementのトレースがリアルタイムで確認できます。

また、ユーザー様のニーズに合わせ、ハイエンドモデルのG2に加え、簡易版のLTモデルがリリースされました。

LT モデル

G2 モデル

​サンプル

プレートでのゲル圧縮

ワイヤーでの繊維押込み

動画

細胞ブロックの圧縮強度測定時の画面です。上部の板がサンプルを圧縮するためのプレートです。

ヒト線維芽細胞100%で作成した

細胞ブロック(厚さ0.5~1.4㎜)を測定

​Tissue By Net社提供 

0.4㎜径のワイヤーに4㎟のプレートを取り付け、通常のCompress, Hold, Recoverの流れで測定しました。

Tissue By Net社では、簡単に3D 培養ができるキットを販売しております。ご興味のある方は下記リンクからご確認ください。

バイオマテリアル・生体サンプル圧縮試験機
iPS心筋チューブの収縮力測定時の画面です。上部に見える円形のものがビームを前面から見たもので

iPS心筋チューブを測定

​CellFiber社提供

200µm径のチューブを0.4㎜径のワイヤーで押し込み、通常Compress, Hold, Recoverの流れで測定しますが、この場合はHoldのフェーズを長く設定し、心筋チューブが自発収縮する際にワイヤーを押し返す力を測定しました。

メーカー別/製品別

​サポート