logo-orange.png

マイクロスケール圧縮強度測定装置(MicroTester G2・LT)

MicroTesterはサンプルを押し込む細いワイヤーが取り付けられた力覚センサーにより、微小な変化を検知することによりサンプルへの負荷が測定でき、またチャンバー前方に取り付けられた高解像度カメラにより、サンプルの変位の画像解析も可能です。

CellScale MicroTester 測定画面

測定画面動画

​実際の測定の動画です。サンプルをビームに取り付けられたプレートで、20秒間に100µm圧縮している様子です。画面中央には、チャンバーを正面から見たカメラの映像、画面右には、Force/Time、Displacement/Time、Force/Displacementのトレースがリアルタイムで確認できます。

製品モデル

また、ユーザー様のニーズに合わせ、ハイエンドモデルのG2に加え、簡易版のLTモデルがリリースされました。

LT モデル

G2 モデル

ビーム

 ビームはタングステンで出来ており、径0.07~1.57㎜の中から選べます。ビームの径により、測定できる力が変わってきますので、ビームの選定は下記の表を参考にして下さい。

​測定例(サンプル)

プレートでの圧縮
300µm hydrogel microsphere (30KPa)

Peak Force: 20mN

プレートでの圧縮

2mm diameter hydrogel cylinder (12KPa) Peak Force: 20mN

Bend-Induced Tension

spider silk Peak Force: 2mN

ワイヤーでの繊維押込み
20µm thick by 4mm wide foil strip (70MPa) Peak Force: 3mN

球状での押込み試験

1.5mm diameter indenter into hydrogel (2KPa) Peak Force: 12mN

Puncture-Attached Tension

3.5mm wide by 1.5mm thick hydrogel (0.5KPa) Peak Force: 1.4mN

動画

細胞ブロックの圧縮強度測定時の画面です。上部の板がサンプルを圧縮するためのプレートです。

ヒト線維芽細胞100%で作成した

細胞ブロック(厚さ0.5~1.4㎜)を測定

​Tissue By Net社提供 

0.4㎜径のワイヤーに4㎟のプレートを取り付け、通常のCompress, Hold, Recoverの流れで測定しました。

Tissue By Net社では、簡単に3D 培養ができるキットを販売しております。ご興味のある方は下記リンクからご確認ください。

バイオマテリアル・生体サンプル圧縮試験機
iPS心筋チューブの収縮力測定時の画面です。上部に見える円形のものがビームを前面から見たもので

iPS心筋チューブを測定

​CellFiber社提供

200µm径のチューブを0.4㎜径のワイヤーで押し込み、通常Compress, Hold, Recoverの流れで測定しますが、この場合はHoldのフェーズを長く設定し、心筋チューブが自発収縮する際にワイヤーを押し返す力を測定しました。

MicroTester - カスタマーレヴュー

ジャスティン・リュー博士 - Justin Liu, PHD Candidate

サンディエゴ大学 - Shaochen Chen Lab, University of California San Diego

組織工学アプリケーションのためのソフトハイドロゲルのマイクロ/ナノスケールの3Dプリントに焦点を当てています。MicroTester は、他の方法では正確に測定することが難しいサンプルを、正確に測定することができるユニークな装置です。提供されるソフトウェアは使いやすく、ラボの多様なニーズに柔軟に対応します。

レアンダ・バプティスタ教授 - Prof. Leandra S. Baptista

リオデジャネイロ大学 - Federal University of Rio de Janeiro

Delivery of Human Adipose Stem Cells Spheroids into Lockyballs.

 

MicroTester は、多機能な光学システムと、機械特性試験により、細胞スフェロイドの測定を可能にするユニークな装置です。また、CellScaleのカスタマーサポートにも大変満足しています。

ローラン・フィン博士 - Lauren Flynn, Ph.D., P.Eng

ウエスタン大学 - Western University

CellScale 社の装置(MicroTester, UniVertなど)は、私たちの研究を大きく前進させ、さまざまな人工バイオフレームの特性を生理的条件下で正確に測定することを可能にしました。このシステムは堅牢で使いやすく、測定できる生体材料や組織の種類に柔軟性があります。また、様々なサポートや、質問にも常に迅速に対応してくれます。