iPS心筋細胞 収縮測定システム
サイトモーション(CytoMotion)

 ヒト人工多能性幹細胞(hiPSC)およびヒト胚性幹細胞(hESC)由来の心筋細胞は、その表現型が不定形であり、アダルト心筋細胞と比較してコントラストが低いため、収縮力の動態を把握することは特に困難が、IonOptixが新しく開発した CytoMotion ソフトウェアにより、以下の重要なパラメータの分析を可能にします。

  • 最大収縮速度

  • 最大収縮速度までの時間

  • 収縮時間(パーセントピークまでの時間)

  • 最大弛緩速度

  • 最大弛緩速度までの時間

  • 弛緩/伸張時間(ベースラインの割合までの時間)

  • 拍動頻度とその変化(CytoSolverによる解析が必要です)

 CytoMotionは下記のパッケージ(CyoMotion Lite)で独立したシステムとして使用もできますが、既存のIonOptix  MyoCyteシステム(単離心筋細胞収縮・Ca測定システム) や MultiCell システム(全自動システム)へアドオンして使用することもできます。その場合は、CytoMotionソフトウエアだけの追加で、ご使用頂けます。

  • IonWizard/基本ソフトウエア

  • CytoMotion/サイトモーション・ソフトウエア

  • CytoCam/サイトモーション用カメラ

  • CytoSolver/バッチ解析用ソフト(1年間ライセンス契約)※オプション

CytoMotion Lite​

​画像準備中

 MyoCyteシステム(単離心筋細胞収縮・Ca測定システム) や MultiCell システム(全自動システム)をお持ちの場合は、下記を追加するだけで、CytoMotionをお試し頂けます。(MyoCam-SはそのままCytoMotionに使えます。)

  • CytoMotion/サイトモーション・ソフトウエア

  • CytoSolver/バッチ解析用ソフト(1年間ライセンス契約)※オプション

単離心筋細胞 収縮・カルシウム測定システム

​使用論文一覧