top of page

呼吸機能解析装置 - vivoFlow

vivoFlowは無拘束での呼吸機能解析装置です。全身、ヘッドアウト、ダブルチャンバーでの呼吸機能解析を提供します。

プレチスモグラフィは、意識のある自発呼吸の実験室被験者の肺機能を研究するための標準的な方法です。気圧脈波法では、被験者が呼吸している間、薬物やその他の刺激にさらされる前後に生じる流量と圧力の変化を測定します。さまざまな被験者のサイズやタイプに容易に適応でき、被験者を連続した実験日に何時間も研究する縦断的研究によく使用されます。

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店であり、日本国内においてemka TECHNOLOGIES社との唯一の取引窓口です。様々な研究プロジェクトをサポートし、研究者の皆様がより効果的かつ効率的に研究を進められるよう、迅速かつ専門的なサポートを提供しています。

vivoflow.jpg
Head-out-configuration_small1.jpg
rat-vivoflow.jpg
DCP.jpg
plethscreen.jpg
Mouse-vivoFlow-System_Camera_Custom-angle-2.jpg

対応動物

マウス・ラット・モルモット・ウサギ・フェレット・サルなど

マウス
ラット
モルモット
ウサギ
フェレット
サル

アプリケーション

Asthma Airway Hyperresponsiveness.jpg

喘息と気道過敏性

Gas Challenges.jpg

ガスチャレンジ

Chronic Obstructive Pulmonary Disease.jpg

慢性閉塞性肺疾患

Control of Breathing.jpg

呼吸のコントロール

技術と測定

PENH.jpg

PENH

Ventilatory Parameters.jpg

換気パラメーター

Specific Airway Conductance and Resistance.jpg

気道コンダクタンスと気道抵抗

特長と利点

Conscious and Spontaneously Breathing.jpg

意識的・自発的呼吸

Ease of Use.jpg

簡単な操作

Efficient Screening.jpg

効率的なスクリーニング

対応ソフトウェア

iox2

データ収集とリアルタイム解析

iox2は、実験管理の高度なデータ収集とリアルタイム分析を提供します。強力なアルゴリズムがこのプラットフォームに統合されているため、呼吸ごとにカスタマイズされたプロトコルや分析が可能です。 iox2は、実験中に生成されたデータの取得、分析、表示、制御、保存を行うGLP準拠のソフトウェアです。

iox2.jpg

機能と分析

  • リアルタイム分析および外来モニタリング

  • 呼気の受容または拒絶のための柔軟なチューニングアナライザー(例:任意のまたはすべてのパラメータに対して拒絶範囲を設定することができます: TV、f、MV、PIF、PEFなど)

  • 関連する生理学的トリガーに対する自動アラームおよび電子メールアラート

  • 簡単に設定可能なトレンド、データテーブル、および信号グラフにより、単一または複数の被験者の詳細情報を表示

  • データファイルの再生またはレビュー

  • 呼吸波形と同期した高解像度動画信号

  • ユーザーのワークフローを自動化し、実験ガイドラインとして機能するプロトコル

  • 無呼吸と咳の検出

  • 換気パラメータ用呼吸フロー(RF)アナライザ

  • 特定の気道抵抗のためのデュアルチャンバー呼吸フロー(DCRF)アナライザー

  • 複数の独立した生理学的チャンネルを同時に取り込み、高いスループットを実現

  • emka TECHNOLOGIESおよびDSIテレメトリーへのリンク

各オプションの詳細

全身

vivoflow.jpg

自由に動く意識のある被験体の場合

非拘束型全身プレチスモグラフィ(WBP)では、自発呼吸をしている被験体が小さな閉じたプレチスモグラフィーチャンバー内で自由に動きます。圧力変換器とニューモタコグラフを使用して、チャンバー内の圧力の変化とチャンバー内外の流量を測定します。ソフトウェア(emka TECHNOLOGIESのiox)内のアナライザは、呼吸頻度(f)および持続時間、推定潮容積(TV)、推定分換気量(MV)だけでなく、強化休止(Penh)として知られる無次元量などのエンドポイントを提供します。チャンバー内の熱力学的影響を補正するために、温度および湿度センサーを追加することもできます。

ヘッドアウト

Head-out-configuration_small1.jpg

拘束された被験体

ヘッドアウトプレチスモグラフィ(HOP)では、被験体は意識があり、自発呼吸をしており、円錐形の拘束具の中にいます。円錐形の拘束具は動物の頭の形に沿い、胸壁の動きによって変位する空気が肺を出入りする全空気から分離されるようにし、真の流量測定を可能にします。この方法により、呼吸回数(f)および分時換気量(MV)の測定とともに、真の潮汐量(TV)が得られます。

ダブルチャンバー

Double Chamber.jpg

拘束された被験体

ダブルチャンバープレチスモグラフィ(DCP)では、ヘッドアウトセットアップにヘッドチャンバーが追加され、エアロゾル化された化合物の送出と封じ込めが可能になります。2つ目のニューモタコグラフがヘッドチャンバーに追加され、鼻流と胸部流の両方を測定します。胸部流量と鼻腔流量の間の時間シフト測定により、比気道抵抗(sRaw)および比気道コンダクタンス(sGaw)を含む結果を計算することができます。

エアロゾル

プレチスモグラフィーのアプリケーションでは、IOXは、呼吸パターンに対するネブライザーによる課題や治療の効果を評価するために、エアロゾル化された化合物の自動送達を制御することができます。

マスフローコントローラ

全身プレチスモグラフィーチャンバーは、被験者の換気パラメーターの連続記録とともに、ガスチャレンジへの自動曝露を可能にします。急性暴露の間、IOXソフトウェアはマスフローコントローラー(MFC)で制御ガスの混合と供給を制御することができます。MFCは、プロトコルで自動化することができ、チャレンジの重症度と持続時間を変化させ、正常酸素状態に戻すことができる。これらのチャレンジは、不規則な呼吸や無呼吸を引き起こす可能性があり、これらはリアルタイムで記録され定量化されます。

実例紹介

スライド5.JPG

旭川医科大学​

生理学講座 神経機能分野 様で、

emka社 プレチスモグラフ(旧型) を採用頂いております。

※左は、日本味と匂学会第57回大会(2023、東京)で発表されたポスターです。

関連製品

in vivo

flexiVent-Registered.png
flexiVent肺機能測定・解析ソリューション

flexiVent肺機能測定・解析ソリューションは、in vivo呼吸力学測定のゴールドスタンダードとして広く知られています。

vivoFlow-Registered-1024x221.png
vivoflow.jpg

vivoFlowは無拘束での呼吸機能解析装置です。全身、ヘッドアウト、ダブルチャンバーでの呼吸機能解析を提供します。

inExpose-Registered-1024x288.png
NO-base-unit.jpg

inExposeはコンパクトな吸入暴露装置です。マウスやラットなど、げっ歯類の鼻部・全身への暴露、タバコの煙やエアロゾルの自動生成の両方が可能です。

in vitro

expoCube-Registered-2.png
expocube-with-tray-background-removed-1024x791.jpg

expoCubeは、細胞や組織へのエアロゾルの高い信頼性と効果的な堆積を可能にする新しいAir Liquid Interface (ALI)/Transwell体外暴露システムです。

ex vivo

physioLens-1.png
physioLens.jpg

physioLens

physioLensは、正確な生理学的結果と画像ベースの結果を再現可能な方法で提供する科学的プラットフォームです。自動化された顕微鏡と流体処理システムが含まれています。

TissueBath-option-01-1024x199.png
emkaBATH2-2.jpg

ティッシュバスシステムは組織浴の一種で、大動脈、気管、腸骨、乳頭筋などの組織や、静脈、小動脈、リンパ管などの微小血管の収縮測定用に設計されています。

emka TECHNOLOGIES社は、1992年にフランスで設立され、当初は、アイソレーテッドオーガンバスやランゲンドルフ灌流装置を開発、製造しており、2000年には非侵襲性のテレメトリーをリリース、2014年には、SCIREQ社(カナダ)をグループに入れることにより、呼吸器研究用機器を製品ポートフォリオに加え、幅広い分野の機器を、世界の研究者の方々に提供しています。

 

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店です。日本では唯一emka TECHNOLOGIES社と取引できる窓口となっております。日本国内で展開される様々な研究プロジェクトを支え、研究者の皆様がより効果的かつ効率的に研究を進められるよう、迅速で専門的なサポートを提供しています。

emkaLogo.png

​​主な製品

  • マウス・ラット用テレメトリー

  • ジャケットテレメトリー

  • オーガンバス

  • ランゲンドルフ

scireq.png

​​主な製品

  • マウス・ラット肺機能測定装置

  • マウス・ラット呼吸測定装置

  • 吸入暴露装置

  • ​細胞暴露装置

オレンジサイエンスについて

サービス、サポートについて

我々は、機器を提供するだけでは不十分であると考えています。機器の販売前から弊社の製品について、深い知識によるアドバイスを研究者の皆様にご提供します。御購入後も、我々が直接サポートするだけでなく、技術的質問にも迅速かつ真摯に対応いたします。
私共オレンジサイエンスは、高品質の科学研究機器およびソフトウェアの提供を通じて、科学の発展に貢献いたします。

オレンジサイエンスは、高品質の製品とサービスで研究を支援します。

オレンジサイエンスのスタッフは日本で研究する皆様の研究の効率化を実現するために、アメリカとヨーロッパから研究に有用な製品の情報を収集し横浜オフィスに収集しています。横浜のスタッフは、各地のメーカーを定期的に訪れて技術力を向上させています。機器の納品後も継続して研究室をご訪問させていだき、実験の進捗状況についてお聞きし、研究機器についての質問にもお答えします。

 

皆様の御研究が実を結び、我々が間接的にでも多くの人々のクオリティーオブライフの向上に貢献できることを願っております。

オレンジサイエンスについて

私たちは、ライフサイエンスの中でも

細胞生物学分野に関する研究機器に特化して

販売およびサポートをしています。

多種多様な装置を取り扱うのではなく、装置とその用途について深い知識を持ち、ユーザの皆様の研究をよりよく理解することを心掛けています。研究者の皆様への技術サポートを通じて、ライフサイエンスの発展に貢献することを目指す会社です。
北米およびヨーロッパのメーカーと培ってきた国際的背景、そして、長年の経験と日本の研究機器の現場での理解を通して、ユニークな立場から高品質なアドバイス、サービスそして製品を日本の研究者の皆様にお届けします。

オレンジサイエンスの製品について

この分野の装置は、日本が常に一番というわけではありません。日本では国内メーカーの製品が好まれていますが、おそらくアフターサービスの良さが大きな要因だと考えられます。欧米で、より顕著な発展を見せている研究機器を国内メーカーと同じレベルのサポート体制でお使いいただければ、皆様の研究をさらに効率化することができるはずです。

信頼いただけるアフターサービス

私共は、一人一人のお客様にお会いしています。携帯電話の番号をお知らせしますが、コールセンターの番号はありません。一方で、メーカーの技術陣との連絡も大変密に取っています。装置の開発者たちと私共は顔見知りです。つまり、より正確で迅速なサポートをいたします。販売の前から同じ担当者が引き続きサポートいたします。

bottom of page