logo-orange.png

心筋細胞・骨格筋細胞 電気刺激培養システム

シーペース・システム(C-Pace EM

​ シーペース・システム(C-Pace EM)は、汎用培養ディッシュに適合したカーボン電極(C-Dish)により、本体(C-Pace EM)で予め設定したプロトコルで、電気刺激を与えながら培養ができるシステムです。

 本体には1枚の電源ボードが内蔵されておりますが、最大で8枚の電源ボードを増設することが可能で、1電源ボード毎(1ディッシュ毎)に異なるプロトコルで電気刺激が可能です。

下記細胞で効果が見られております。

  • 心筋細胞

  • iPS心筋細胞

  • 骨格筋細胞

  • C2C12

  • 平滑筋細胞

など

​C-PaceとC-Dishの接続にはフラットケーブルを使用しますので、インキュベーターの扉にケーブルを挟んでも密閉性に問題はございません。

C2C12 電気刺激

C2C12 ペーシング無
Marloes Langelaan, Technical University Eindhover, The Netherlands

C2C12 ペーシング有
Marloes Langelaan, Technical University Eindhover, The Netherlands

C2C12 ペーシング無
Nedachi et al, Am J Physiol Endocrinol Metab (2008)

C2C12 ペーシング有
Nedachi et al, Am J Physiol Endocrinol Metab (2008)

ペーシング動画(C2C12)

​東北大学 医工学研究科 神崎研究室ご提供

​研究室リンク

http://www.ecei.tohoku.ac.jp/kanzaki/index.html

​論文リンク

https://www.physiology.org/doi/full/10.1152/ajpendo.90280.2008

C-Dish(カーボン電極)

電源ボード

​使用方法

​C-Paceを使用するには、培養ディッシュにセットして使用するC-Dish(別売り)が必要となります。C-Dishは4~24well用があり、適合する培養ディッシュは下の製品ページからご確認下さい。

​C-Paceには最大8枚まで電源ボードを増設でき、異なるプロトコルの設定が可能です。旧モデルの電源ボードも引き続きご提供可能です。

​ フロントパネルから簡単に電気刺激プロトコルの設定が可能です。電圧、ヘルツ、パルス幅はもちろん、複数ステップ、不整脈を模倣するランダムでの設定も可能です。

​筋細胞への電気刺激の効果を簡単に説明します。

IonOptix社のC-Pace開発の歴史から、現在までのアプリケーション(細胞)の使用実績を紹介します。

​C-Paceシステムに関する、お問合せをまとめました。

​関連製品

電気刺激装置

(MyoPacer)

 電気刺激による培養を目的としたものでは無く、プラスマイナスの電極での電気刺激を目的とした装置です。別売りのチャンバーなどと、ご使用頂けます。

​伸展刺激装置

(C-Stretchシステム)

電気刺激ペーシング培養

 シリコンチャンバー伸展装置のC-Stretchとの併用により、伸展刺激+電気刺激での培養が可能です。

タイムラプス蛍光顕微鏡

(etaluma社LumaScope)

DSC_0125.JPG

 弊社取扱いのetaluma蛍光顕微鏡との併用で、インキュベーター内の観察、タイムラプスが可能です。

メーカー別/製品別

​サポート