logo-orange.png

伸展刺激培養システム

シーストレッチ(C-Stretch)

洗浄方法

精製水とスターラーでの撹拌洗浄を推奨しております。

  1. C-Dishのプラグ(C-Pace本体との接続部)に付属のゴム製のキャップをしっかりはめ込みます。

  2. ビーカー(1L)などに精製水を満たし、そこにC-Dishを入れます。

  3. ビーカーをスターラーの上に置き、数時間撹拌洗浄します。

  4. ​ビーカーから取り出し乾燥させて下さい。

殺菌方法

メーカーでは推奨しておりませんが、上記洗浄方法でもコンタミが改善されない場合、ETOH70%で電極部分をワイプし、電極部分を裏返し、UVランプに当てて殺菌する方法もございます。

発達中の組織に対する、機械的刺激と電気的刺激の効果に興味はありませんか?

 IonOptix の C-Pace EM には、特許取得済みの C-Stretch と併用可能となり、培養中の幹細胞由来筋細胞に、電気的、機械的刺激を同時に与えることが可能になりました。(※旧モデルのC-Pace EPとは併用できません。)

 正常な心臓組織は、機械的負荷と電気的活動の下で未熟細胞から成熟します。電気的、機械的刺激を同時に与えることが可能な C-Stretch を使用して、生理学的条件下で細胞を成長させてください!

 

 C-Stretch は、次世代の培養刺激装置である C-Pace EM と組み合わせて機能するように設計されています。

 C-Pace EM は、インキュベーター内で大量の培養細胞に持続的電気刺激をするために設計された、マルチチャネル電気刺激装置です。旧モデルの C-Pace EP と同様に、周波数の一定の変動、定期的なオフビートの挿入、プログラム可能な周波数設定など、様々な機能があります。

 同様に、TTLトリガーを受け入れ、収集した実験データで使用する TTL 出力を提供することもできます。 EM モデルの主な変更点は、より多くの電極を駆動できるようにする Enhanced High Voltage Bank(HVB)カードです。特に、強化された HVB は、電気的刺激に加えて機械的刺激を可能にする C-Stretch を駆動できます。

仕様

※使用にはC-Pace EM が必要となります。(単体での使用はできません。)

​※旧モデル(C-Pace EP)では使用できません。

使用論文

Electro-mechanical conditioning of human iPSC-derived cardiomyocytes for translational research

Kroll, K., Chabria, M., Wang, K., Häusermann, F., Schuler, F., & Polonchuk, L. (2017). Electro-mechanical conditioning of human iPSC-derived cardiomyocytes for translational research. Progress in Biophysics and Molecular Biology, 130, 212-222. doi:10.1016/j.pbiomolbio.2017.07.003

メーカー別/製品別

​サポート