筋芽細胞への電気刺激による人工骨格筋作成

IonOptix社 C-Pace(電気刺激培養装置)



 

 オランダのEindhoven University of Technologyのバイオメディカル工学科のチームによるビデオをご覧ください。IonOptix社のC-Pace(電気刺激培養装置)を使用して、ハイドロゲル構造体内で培養された、マウス筋芽細胞(C2C12)から人工筋肉組織を開発する様子を示しています。 培養中の電気刺激は、コンストラクト内の細胞を整列させ、分化を促進します。






 

ー 製品紹介 ー

単離心筋細胞 収縮性・サルコメア幅・カルシウム測定システム


 MyoCyteシステムは、同時に、単離心筋細胞の収縮性・サルコメア幅・カルシウムの測定ができるシステムです。高速カメラによりリアルタイムで収縮性とサルコメア幅が測定でき、2波長光源によるレシオマトリックス法による蛍光測定で、蛍光の減衰を気にすることなく、カルシウムの測定ができます。


他の取り扱い装置は弊社のHPをご覧ください。 お問い合わせは、下のボタンからお願いします。