配向性材料特性を備えた3Dヒドロゲルのバイオプリンティング


3Dプリントされたヒドロゲルは、天然組織で発生する複雑な空間的変化を再現する可能性を示しています。これは、プリントヘッド、バルブ、ミキサー、印刷温度などの印刷条件を使用して、3Dプリントされたサンプルの局所的な材料特性に影響を与えることによって実現されます。

University of Western AustraliaのDoyle Labチームは、空間的に調整可能な機械的特性を備えた3Dプリント構造を作成する技術の開発に取り組んでいます。

彼らの最新の論文では、機械的に3Dプリントされたヒドロゲルの複合材料を評価するためにセルスケール社のバイオテスターが使用されています。これらのヒドロゲルの剛性は5〜170kPaの範囲であり、異方性材料は2つの異なる材料のストライプを印刷することによって形成されました。論文全文はこちらからご覧ください。




セルスケール社の機器

注目の製品: 伸展・圧縮刺激培養装置/メカノカルチャーTM(※カスタム品)

高ひずみ細胞培養刺激



セルスケールは、長年のメカノバイオロジーのノウハウから装置のカスタマイズも請け負っております。

メカノカルチャーTMは、薄い柔軟な膜上で培養された細胞に一定の一軸張力刺激を与えることができます。培養インキュベーター内で使用でき、ハイコンテントイメージング用の標準的な倒立顕微鏡にも適合します。


カスタム可能な膜組織

独自のクランプ方法を使用することにより、メカノカルチャーTMはお客様が使用される幅広い培養表面をサポートし、100%を超えるひずみを実現することができます。







主な特長

  • 大きな培養領域への張力刺激

  • 単調、連続、または断続的なひずみなどのプロトコルのカスタム設定

  • 漏れの心配のないシンプルな操作

元となった製品群はこちらからご覧ください。



詳細はオレンジサイエンスのHP www.orangescience.co.jpへ。 ご質問等は今すぐ info@orangescience.co.jpへご連絡ください。