IonOptix の新製品 CytoMotion(iPS心筋細胞収縮性解析)

iPS心筋細胞の収縮性測定を可能に!


ヒト人工多能性幹細胞(hiPSC)およびヒト胚性幹細胞(hESC)由来の心筋細胞は、その表現型が不定形であり、アダルト心筋細胞と比較してコントラストが低いため、収縮力の動態を把握することは特に困難が、IonOptixが新しく開発した CytoMotion ソフトウェアにより、以下の重要なパラメータの分析を可能にします。

  • 最大収縮速度

  • 最大収縮速度までの時間

  • 収縮時間(パーセントピークまでの時間)

  • 最大弛緩速度

  • 最大弛緩速度までの時間

  • 弛緩/伸張時間(ベースラインの割合までの時間)

  • 拍動頻度とその変化(CytoSolverによる解析が必要です)

CytoMotionは独立したシステムとして使用もできますが、既存のIonOptix Calcium and Contractilityシステム や MultiCell システムへアドオンして使用することもできます。蛍光によるCa測定が不要な場合は、低価格の CytoMotion Lite システムをご用意しています。ご興味のある方は、是非お問い合わせください!



WEBINAR:ハイスループットモデルのマルチセル Ca 収縮性測定システムについてもっと知りたい方、必見です。単離から正確なデータ取得、データ分析、分析後の解釈までのベストプラクティスにフォーカスした IonOptix の WEBINARがオンデマンドで利用できるようになりました。



詳細はオレンジサイエンスのHP www.orangescience.co.jpへ。

ご質問等は今すぐinfo@orangescience.co.jpへご連絡ください。