top of page

喘息は、可逆的な気流閉塞、気道過敏性、気道炎症、粘液分泌過多、気道リモデリングを主な特徴とする複雑な疾患です。喘息は世界的に流行しており、通常、幼少期から発症します。気管支喘息は慢性かつ不均一であり、しばしば空気中の抗原に対するアレルギーと関連しています。

flexiVent

正確なチャレンジ、詳細な測定

flexiVent

エアロゾルチャレンジに対する気道反応性の評価は、喘息研究で最も頻繁に報告される成果です。一体型ネブライザーを装備したflexiVentは、被験者の肺にエアロゾルチャレンジを送ると同時に、自動データ収集により気管支収縮の発生を追跡することができます。独自のアルゴリズムにより、被験者の気道開口部に到達した投与量の推定値を計算し、表示することができます。気道過敏性を示す詳細な線量反応曲線が計算され、リアルタイムでグラフ化されます。

 

中枢気道と組織力学からの寄与を記述するために反応を分割することにより、疾患の重症度と進行に関するさらなる洞察が得られます。これにより、マウスの気道過敏性に関連する病態生理学的メカニズムを研究することができます。

論文

inExpose

標準化されたプロセス

疾患モデルはしばしば、関連する喘息の表現型を確立するために、急性または慢性のプロトコルを用いて被験者をアレルゲンのエアロゾルに暴露することにより作成されます。inExposeは、空気流量とエアロゾル発生装置を制御することで、正確な投与量を繰り返し提供できるように特別に設計されています。これは自動化された曝露プロファイルによって行われ、ユーザーエラーを減らし、被験者、研究、研究グループ間の結果のばらつきを最小限に抑えることにも役立ちます。inExposeは様々な設定やプロトコルの下で動作し、被験者が実験セッション中およびセッション間で一貫した曝露環境を繰り返し受けられるようにします。

論文

vivoFlow

正確さと侵襲性のバランス

全身プレチスモグラフ

呼吸器研究において、最も特異的で正確な測定は、侵襲性の増大という代償を伴います。これは表現型の不確実性の原則(PUP)と呼ばれています。たとえば、flexiVentシステムで採用されている強制振動法は、測定、正確さ、精度の点では最も優れていますが、侵襲性の連続体の中では、被験者の自然な状態から最も遠いところにあります。一方、さまざまなプレチスモグラフィ技術を使用する場合、被験者が自然な状態に近づくにつれて、測定の特異性と精度は、精度の連続体の中で低くなっていきます。

 

前臨床試験で肺機能を測定するために、様々なプレチスモグラフィ技術が存在します:無拘束全身プレチスモグラフィ(WBP)、ダブルチャンバープレチスモグラフィ(DCP)、またはヘッドアウトプレチスモグラフィ(HOP)。それぞれの肺機能測定法には価値がありますが、使用する肺機能測定法の選択は、研究目的と照らし合わせ、その測定法、結果、関連する負債を明確に理解した上で行うべきです。プレチスモグラフィーシステムを用いた測定は、意識のある被験者で行われ、様々な外的要因が得られる結果に大きく影響します。

論文

TissueBath

伝統的な薬理学

喘息において気道平滑筋が果たす役割は明らかです。気道平滑筋の過剰な収縮と感受性の亢進は、気管支収縮と気道過敏性という喘息の主要な特徴と関連しています。外部からの影響を除去できる単離された組織浴で、肺に内在する接触あるいは弛緩能力を研究することは、in vivo肺機能測定に補完的なデータを提供することができます。この手法は伝統的な薬理学的手段で、様々な生物種の様々な種類の収縮組織に適用することができます。

論文

physioLens

自動顕微鏡と投与プラットフォーム

気道平滑筋は喘息において大きな影響をもっています。気管支収縮と気道過敏性という喘息の主な特徴には、気道平滑筋の過剰な収縮と感受性の亢進が関連しています。PCLSでphysioLensを使用することで、気管支収縮について気道の特徴を個別に調べることができます。気道のサイズ、形状、位置に関する詳細がすべて取得されます。外部からの影響が取り除かれ、気管支収縮の方向性を理解することができます。この技術は新たな薬理学的手段として有効です。

emka Technology社は、1992年にフランスで設立され、当初は、アイソレーテッドオーガンバスやランゲンドルフ灌流装置を開発、製造しており、2000年には非侵襲性のテレメトリーをリリース、2014年には、SCIREQ社(カナダ)をグループに入れることにより、呼吸器研究用機器を製品ポートフォリオに加え、幅広い分野の機器を、世界の研究者の方々に提供しています。

 

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店です。日本国内で展開される様々な研究プロジェクトを支え、研究者の皆様がより効果的かつ効率的に研究を進められるよう、迅速で専門的なサポートを提供しています。

emkaLogo.png

​​主な製品

  • マウス・ラット用テレメトリー

  • ジャケットテレメトリー

  • オーガンバス

  • ランゲンドルフ

scireq.png

​​主な製品

  • マウス・ラット肺機能測定装置

  • マウス・ラット呼吸測定装置

  • 吸入暴露装置

  • ​細胞暴露装置

bottom of page