top of page

心毒性は、薬物、汚染物質、その他の毒素にさらされることから生じる心臓の機能障害として説明することができます。不可逆的な心機能障害と心不全の発症は、電気生理学的、形態学的、生化学的変化によって特徴づけられます。心毒性は多くの場合、左室駆出率(LVEF)の低下と自律神経失調を伴っています。

薬剤誘発性心毒性

心血管系の毒性は、特に低分子の薬剤開発プロジェクトにおいて、しばしば薬剤の使用中止率を高める原因となります。がん治療などの薬剤の慢性投与は、心臓合併症を引き起こすこともあります。

 

心電図解析は、薬剤誘発性の心筋病態を深く洞察し、安全性負債の軽減に役立ちます。

汚染による心毒性

吸入粒子状物質(PM)は最近、世界の死亡率の驚異的な20%に関連しています。研究によると、粒子状物質の慢性的な吸入は心臓電気生理学の変化を引き起こし、不整脈、酸化ストレス、炎症、血管機能障害、アテローム性動脈硬化症、心不全を引き起こす可能性があります。既存の心血管系疾患は、慢性的なPM曝露後の有害な心疾患のリスクをさらに増大させます。

 

心電図(ECG)、血圧、その他の血行動態測定値などの機能的心血管系の結果は、薬物や汚染物質への曝露に関連する心リズム異常に関する強力な洞察を提供することができます。

easyTEL+

インプラント型遠隔測定 - 高血圧モニタリング

easyTEL

埋め込み型遠隔測定は、信号品質とデータカバレッジの点で、心臓血管電気生理学研究のゴールドスタンダードであり続けています。

 

emkaのMシリーズインプラントは、毒性学研究に独自に適合しています。インプラントは小型軽量で、ラット、モルモット、小型霊長類用に設計された2F圧力カテーテルを備えています。ラットやモルモットの場合、インプラントは皮下または腹腔内に設置することができます。

 

大型霊長類、犬、その他の大型動物には4.5Fの加圧カテーテルが利用できます。このインプラントは、小型霊長類やその他の大型動物モデルの皮下に設置し、低侵襲で血圧、心電図、体温、活動信号を取得することができます。ECGリードは、血管内ECG用のソリッドチップが付いています。

emkaPACK5

非侵襲的ジャケット型テレメトリー

非侵襲的テレメトリー

反復投与毒性試験は、手術の必要なく、心臓のリズム、伝導、再分極、形態の機能的評価を提供するために、外部(ジャケット型)テレメーターを用いて大型動物で実施することができます。

 

ジャケット型テレメトリーは、心血管系毒性試験の主流となっています。拘束された動物における従来の「スナップショット」記録よりも、感度と再現性が高いとしばしば考えられています。

rodentPACK

ラット用ジャケット型テレメトリー

rodentPACK

反復投与毒性試験は、手術の必要なく、ジャケット付きトランスミッターを使用してラットで実施することができます。心拍数、心伝導、心室再分極、および心臓形態の機能的評価を提供します。

 

ラットは特注設計の衣服を着用し、rodentPACKトランスミッターを装着します。

ecgTUNNEL

げっ歯類用の非侵襲的無麻酔ECG

ecgTUNNELは、マウス、ハムスター、ラットに適した非侵襲的心電図研究プラットフォームで、縦断的研究において薬物への慢性的曝露に関連する心拍異常に関する有用な知見を得ることができます。固定器具を使えば、実験結果を混乱させる可能性のある麻酔を使用せずに被験体をその場にとどめておくことができます。

 

ラットは心室hERG様電流が小さいため、一般にQT間隔の評価には適さないと考えられていますが、心拍数、PR間隔、QRS間隔などの他のECGパラメータは、臨床的に関連性のある薬物誘発性心血管系への影響を明らかにするのに役立ちます。

 

また、非侵襲的なECG測定によって、反復投与によって強まる影響を明らかにすることもできます。ecgTUNNELは、探索的毒性試験や反復投与毒性試験において、特に手術が不可能な幼若マウスや脆弱なノックアウトモデルを用いた研究において、植え込み型テレメトリー試験の代替、補完することができます。

isolatedHEART

単離心臓灌流システム

単離心臓灌流システム

isolatedHEARTは、心毒性に関与する病態機序を明らかにし、心機能変化の徴候を発見するために用いることができます。

 

単離灌流ラット心臓は、心毒性曝露/事象による直接的心傷害と間接的心傷害を区別するのに特に有用です。この調製法は、その後のin-vivo動物実験の計画にも利用できます。

 

Langendorff灌流心臓は、薬物によって誘発される収縮抑制が交絡効果をもたらし、冠動脈灌流が減少して虚血傷害につながるため、ワーキングハートモデルよりも毒性学的研究に適しています。

ecgAUTOソフトウェア

心拍変動

心拍変動

心拍変動 (HRV) は、自律神経機能障害の特徴付けに使用できる重要なパラメータです。自律神経緊張と神経体液性の不均衡は、心臓病や心不全の発症に非常に重要な役割を果たします。 HRV の低下は、心臓疾患と強い相関関係があります。

 

HRV は、心筋症や心不全に関与する永続的な障害が発生する前にその変化を検出するために、きわめて早期 (前臨床的) に利用することができます。 HRV は、上記のシステムで示した侵襲的および非侵襲的手法によって評価することができます。

​論文

emka Technology社は、1992年にフランスで設立され、当初は、アイソレーテッドオーガンバスやランゲンドルフ灌流装置を開発、製造しており、2000年には非侵襲性のテレメトリーをリリース、2014年には、SCIREQ社(カナダ)をグループに入れることにより、呼吸器研究用機器を製品ポートフォリオに加え、幅広い分野の機器を、世界の研究者の方々に提供しています。

 

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店です。日本国内で展開される様々な研究プロジェクトを支え、研究者の皆様がより効果的かつ効率的に研究を進められるよう、迅速で専門的なサポートを提供しています。

emkaLogo.png

​​主な製品

  • マウス・ラット用テレメトリー

  • ジャケットテレメトリー

  • オーガンバス

  • ランゲンドルフ

scireq.png

​​主な製品

  • マウス・ラット肺機能測定装置

  • マウス・ラット呼吸測定装置

  • 吸入暴露装置

  • ​細胞暴露装置

bottom of page