top of page

肺に過剰な瘢痕組織が存在することは肺線維症の典型的な特徴であり、予後も現在の治療法に対する反応性も悪い疾患です。肺損傷に伴う線維性組織の蓄積は、肺の弾力性の不可逆的な低下と肺機能の漸進的な低下を引き起こします。

 

この分野の実験的研究は、治療的介入と疾患の早期発見という課題に取り組む一方で、疾患の発現と進行に関連する基礎的な病態生理学的メカニズムに関する知識を深めることを目的としています。

flexiVent

関連性、臨床応用、再現性のある結果

flexiVent

線維化組織の蓄積の結果、肺は硬くなります。ヒトの場合、この疾患は通常CTスキャンと肺機能検査で診断されますが、flexiVentを用いればこの2つを実験小動物で行うことができます。この統合システムは、マイクロCTスキャナーと同期し、呼吸メカニクスの静的および動的測定を行い、さらに特定の肺容積や肺流量の情報を取得することができるため、前臨床レベルで肺線維症を調べるための非常に貴重なツールとなります。一例として、感度の高い圧-容積曲線を用いて取得した静的コンプライアンスの変化により、疾患の重症度や治療効果の程度を区別することができました。さらに、flexiVentシステムの陰圧強制呼気(NPFE)拡張機能により、強制換気量(FVC)のような臨床で一般的に使用されるものと同様の結果を得ることができ、さらなる知見が得られました。

 

flexiVentを使った非外科的な被験者統合の簡単なテクニックが発表されたので、疾患の縦断的な側面や潜在的な治療法の有効性を経時的に評価することがより容易になりました。肺線維症の前臨床研究でflexiVentを使用した例は文献に多数あります。

 

肺線維症研究の最前線にいる専門家が線維性肺疾患のモデリングについて議論した模様をご覧ください。

論文

vivoFlow

換気パラメーターの繰り返し

全身プレチスモグラフ

肺線維症の前臨床モデルで観察される肺実質の誘導された変化は、呼吸パターンの障害をもたらす可能性が高いです。この呼吸パターンは、さまざまなプレチスモグラフィ技術(全身プレチスモグラフィ、複室プレチスモグラフィ、ヘッドアウトプレチスモグラフィなど)のいずれかを用いて、意識のある自発呼吸被験者の呼吸パターンを繰り返し捉えることができます。

論文

TissueBath

追加の洞察

肺実質は、気道平滑筋と同様に収縮特性を有しており、in vitroで単離した組織浴で研究することもできます。肺線維症では、線維組織の蓄積が肺実質の収縮力を変化させる可能性があります。外部からの影響がない状態でこの組織を研究することは、病態生理学的メカニズムの探求、前臨床疾患モデルの特徴づけ、あるいは潜在的治療法の有効性の評価において、さらなる洞察を提供することができます。収縮剤に応答して、線維化モデルの肺実質では、対応する対照群と比較して収縮性の増大が一貫して観察されています。

論文

emka TECHNOLOGIES社は、1992年にフランスで設立され、当初は、アイソレーテッドオーガンバスやランゲンドルフ灌流装置を開発、製造しており、2000年には非侵襲性のテレメトリーをリリース、2014年には、SCIREQ社(カナダ)をグループに入れることにより、呼吸器研究用機器を製品ポートフォリオに加え、幅広い分野の機器を、世界の研究者の方々に提供しています。

 

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店です。日本では唯一emka TECHNOLOGIES社と取引できる窓口となっております。日本国内で展開される様々な研究プロジェクトを支え、研究者の皆様がより効果的かつ効率的に研究を進められるよう、迅速で専門的なサポートを提供しています。

emkaLogo.png

​​主な製品

  • マウス・ラット用テレメトリー

  • ジャケットテレメトリー

  • オーガンバス

  • ランゲンドルフ

scireq.png

​​主な製品

  • マウス・ラット肺機能測定装置

  • マウス・ラット呼吸測定装置

  • 吸入暴露装置

  • ​細胞暴露装置

bottom of page