top of page

有害な微粒子、生物学的物質、ガス状排気物質、その他の環境汚染物質は、吸入暴露によって肺から体内に入る可能性があります。

 

人為的または自然発生的な環境汚染物質は、心血管系および呼吸器系疾患による罹患率および死亡率の増加と関連しています。吸入経路に沿った汚染物質の沈着は、局所的な気道炎症から大規模な構造的損傷まで、様々な重篤度の広範な影響を引き起こす可能性があります。さらに、汚染物質が血流に取り込まれると、複数の全身的影響が生じ、心血管系疾患や神経系疾患が促進される可能性があります。

inExpose

再現性のある暴露、正確な暴露

inExposeは、空気流量を制御することで、汚染物質濃度を一貫して正確に供給できるよう特別に設計されています。これは自動化された暴露プロファイルによって行われ、ユーザーエラーを減らし、被験体、試験、研究グループ間の結果のばらつきを最小限に抑えることにも役立ちます。inExposeは様々な設定やプロトコルの下で動作し、実験を通して被験者が反復可能かつ一貫した汚染物質曝露を受けられるようにします。

論文

flexiVent

汚染物質反応を特定するための詳細な測定結果

flexiVent-汚染物質反応を特定するための詳細な測定結果

flexiVent(フレキシベント)は環境汚染物質に対する気道、末端気道、肺組織の力学的特性の重要な変化を捉えます。flexiVentは、肺機能低下に関するさまざまな疾患決定因子(誘発された損傷の程度やパターンなど)を統合的に評価できる包括的なツールです。

論文

vivoFlow

意識下での測定、自発呼吸

全身プレチスモグラフ-意識下での測定、自発呼吸

汚染物質や空気中の刺激物によって引き起こされる肺実質の変化は、呼吸パターンに障害をもたらす可能性が高く、全身脈波計を用いて、意識のある自発呼吸被験体の呼吸パターンを繰り返し捉えることができます。

論文

emka TECHNOLOGIES社は、1992年にフランスで設立され、当初は、アイソレーテッドオーガンバスやランゲンドルフ灌流装置を開発、製造しており、2000年には非侵襲性のテレメトリーをリリース、2014年には、SCIREQ社(カナダ)をグループに入れることにより、呼吸器研究用機器を製品ポートフォリオに加え、幅広い分野の機器を、世界の研究者の方々に提供しています。

 

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店です。日本では唯一emka TECHNOLOGIES社と取引できる窓口となっております。日本国内で展開される様々な研究プロジェクトを支え、研究者の皆様がより効果的かつ効率的に研究を進められるよう、迅速で専門的なサポートを提供しています。

emkaLogo.png

​​主な製品

  • マウス・ラット用テレメトリー

  • ジャケットテレメトリー

  • オーガンバス

  • ランゲンドルフ

scireq.png

​​主な製品

  • マウス・ラット肺機能測定装置

  • マウス・ラット呼吸測定装置

  • 吸入暴露装置

  • ​細胞暴露装置

bottom of page