top of page
アレルギー性鼻炎研究

アレルギー性鼻炎は最も一般的なアトピー性疾患で、世界人口の10%が罹患していると推定され、アレルギー性喘息よりも多くなっています。アレルギー性鼻炎は特に鼻を侵し、一般的にかゆみ、くしゃみ、鼻漏、鼻閉などの症状がみられます。症状の強さや持続時間は様々で、特に鼻閉は患者の正常な呼吸を著しく損ない、生活の質に影響を及ぼします。

 

アレルギー性鼻炎研究は、アレルギー性鼻炎(アレルギーによる鼻の炎症)の原因、症状、治療、予防などを研究する学問分野です。アレルギー性鼻炎は、花粉、ハウスダスト、ペットの毛、カビ、その他のアレルゲンに対する免疫系の過剰反応によって引き起こされます。

 

アレルギー性鼻炎研究の主な目的は、アレルギー性鼻炎のメカニズムを理解し、症状を軽減するための効果的な治療法や予防策を開発することです。研究には以下のようなトピックが含まれます。

アレルギー性鼻炎研究のトピック例

原因の特定

アレルギー性鼻炎を引き起こす特定のアレルゲンを特定すること。

免疫反応の研究

アレルギー性鼻炎に関連する免疫系の反応を理解すること。

遺伝的要因

アレルギー性鼻炎のリスクに関連する遺伝的要因を特定すること。

症状の治療

抗ヒスタミン剤、ステロイド剤、免疫療法などの治療法の効果を評価すること。

生活環境の影響

住環境や生活習慣がアレルギー性鼻炎に与える影響を調査すること。

アレルギー性鼻炎研究は、医学、免疫学、遺伝学、環境科学などの分野で行われており、その結果は、アレルギー性鼻炎に苦しむ人々の生活の質を向上させるために活用されます。

アレルギー性鼻炎研究の応用例

アレルギー性鼻炎研究の応用例やアプリケーション例は、アレルギー性鼻炎を予防、診断、治療、管理するための実用的な方法やツールに関するものです。

診断ツールの開発

アレルギー性鼻炎の診断を効率化するためのアレルゲン検査キットや診断プロトコルの開発。皮膚テストや血液検査によるアレルゲンの特定が含まれます。

薬物療法の改善

アレルギー性鼻炎の症状を緩和するための新しい薬物療法の開発。抗ヒスタミン剤、ステロイド鼻スプレー、去鼻充血剤などの改良版が含まれます。

免疫療法

アレルギー性鼻炎の長期的な管理のために、特定のアレルゲンに対する免疫反応を変えるための免疫療法(アレルゲン特異的免疫療法)の研究と応用。これには、舌下免疫療法(SLIT)や注射による免疫療法が含まれます。

環境改善

アレルギー性鼻炎を悪化させる環境要因を制御するためのアプリケーション例。空気清浄機、除湿機、HEPAフィルターなど、アレルゲンを除去または減少させる技術が含まれます。

教育と啓発

アレルギー性鼻炎に関する知識を広め、患者や家族が症状を効果的に管理するための教育プログラムやオンラインリソースの提供。

生活習慣のアドバイス

アレルギー性鼻炎の患者に適した生活習慣を提案するための研究と応用。これは、特定のアレルゲンを避けるためのアドバイスや、症状を軽減するための食事、運動、睡眠の提案を含みます。

デジタル健康技術

スマートフォンアプリやウェアラブルデバイスを活用して、アレルギー性鼻炎の症状をトラッキングし、患者にアドバイスを提供する技術の応用。

これらの応用例やアプリケーション例は、アレルギー性鼻炎の患者が症状をより良く管理し、生活の質を向上させるのに役立ちます。

flexiVent

高度な肺機能測定

高度な肺機能測定

flexiVentの一般的な使用法では、気管挿管または気管切開した動物を用い、測定信号を上気道をバイパスして直接肺に送ります。このアトピー性疾患の影響を評価するには、カニューレを気管に挿入し、肺から上気道に向かわせる逆行性カニューレを行います。

 

アレルギー性鼻炎の前臨床モデルでは、フレキシベントを使って上気道の抵抗の変化を直接測定することに成功しています。この構成で測定すると、上気道と鼻腔の収縮と炎症を定量的に評価でき、flexiVentで測定した下気道での測定と同じ再現性と精度が得られます。

論文

vivoFlow

意識下での縦断的測定

意識下での縦断的測定

アレルギー性鼻炎では、上気道の閉塞は主に血管拡張、浮腫、分泌過多に起因します。その結果、被験者の正常な呼吸能力に直接影響を及ぼす可能性があります。アレルギー性鼻炎モデルにおけるアレルギー性エピソードの間、意識的に呼吸している動物は呼吸を調節します。vivoFlowは、換気パラメーターの微細な変化を正確に追跡することで、上気道の収縮を連続的かつ非侵襲的に評価します。したがって、システムが呼吸数の減少などの結果の変化を追跡している間に、統合されたネブライザーが上気道収縮を誘発するアレルゲンチャレンジを提供することができます。くしゃみも全身プレチスモグラフィで検出でき、チャンバーにマイクロホンを組み込むことで定量化できます。

論文

emka TECHNOLOGIES社は、1992年にフランスで設立され、当初は、アイソレーテッドオーガンバスやランゲンドルフ灌流装置を開発、製造しており、2000年には非侵襲性のテレメトリーをリリース、2014年には、SCIREQ社(カナダ)をグループに入れることにより、呼吸器研究用機器を製品ポートフォリオに加え、幅広い分野の機器を、世界の研究者の方々に提供しています。

 

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店です。日本では唯一emka TECHNOLOGIES社と取引できる窓口となっております。日本国内で展開される様々な研究プロジェクトを支え、研究者の皆様がより効果的かつ効率的に研究を進められるよう、迅速で専門的なサポートを提供しています。

emkaLogo.png

​​主な製品

  • マウス・ラット用テレメトリー

  • ジャケットテレメトリー

  • オーガンバス

  • ランゲンドルフ

scireq.png

​​主な製品

  • マウス・ラット肺機能測定装置

  • マウス・ラット呼吸測定装置

  • 吸入暴露装置

  • ​細胞暴露装置

bottom of page