top of page
心肺・心肺研究

心肺研究は、体内の心臓と肺の結果を調査する2段階のアプローチがあります。心不全は、心筋が弱って体の必要量を満たすのに十分な血液を送り出せなくなったときに起こります。左心室が弱くなると、肺血管系の圧力が上昇し、体液が溜まりやすくなります(肺水腫)。右心室が弱くなると、肺動脈が狭くなったり損傷したりする肺高血圧症になることが多いです。肺動脈が狭窄または損傷しているため、肺に血液が流れにくくなり、右心室がより強く働かざるを得なくなり、最終的に筋肉が弱くなります。

flexiVent

包括的かつ統合的な評価

flexiVent

前臨床心肺研究では、構造的あるいは物理的な変化(例えば経路の狭窄や浮腫の蓄積)を、抵抗、コンプライアンス、スパイロメトリー結果などの肺機能測定値の変化に結びつけることがしばしば課題となります。flexiVentは、肺機能低下に関する様々な疾患決定因子(例えば、誘発された損傷の程度やパターン)を統合的に評価できる包括的なツールです。高い感度と再現性で肺の力学的特性を測定し、臨床的に適切な結果を提供します。

論文

inExpose

コンパクト、再現性、自動化

肺を介した薬剤や新規治療用キャリアの投与は、心肺系への迅速かつ効果的なアクセスを提供します。肺は表面積が広く、血管が発達しているため、血液を介して局所的または全身的に物質を投与することができます。コンパクトな精密吸入曝露システムであるinExposeは、治療薬候補の評価や動物モデル作製のための介入を行うための自動化された正確で反復可能な曝露を確実に行うためのコンピューター制御を提供します。内部容積が小さいため、曝露の立ち上がり時間が短縮され、大量の物質(エアロゾル/煙)の必要性が最小限に抑えられます。

論文

vivoFlow

症状スクリーニング

全身プレチスモグラフ

全身プレチスモグラフィーは、吸入治療薬を投与するための予備的な呼吸データを得るために、被験者を迅速にスクリーニングするための簡単なツールになります。換気パラメータ(呼吸回数、潮容積、吸気または呼気のピーク流量など)は、意識のある動物で非侵襲的に測定でき、さまざまな心肺モデルにおける肺の変化の指標となります。

論文

easyTEL

信頼性の高い生理学的生体電位信号

easyTEL埋め込み型テレメトリーは、複数の生体電位(EEG、EMG、ECG、EOG)、血圧、体温、活動量を取得し、小動物から大動物まで、てんかん、高血圧、概日リズムなどに関連する睡眠の変化を研究します。

 

小動物用インプラントが最大2つの生体電位を最大150日間記録するのに対し、大動物用インプラントは最大4つの生体電位を最大125日間記録できます。

emka TECHNOLOGIES社は、1992年にフランスで設立され、当初は、アイソレーテッドオーガンバスやランゲンドルフ灌流装置を開発、製造しており、2000年には非侵襲性のテレメトリーをリリース、2014年には、SCIREQ社(カナダ)をグループに入れることにより、呼吸器研究用機器を製品ポートフォリオに加え、幅広い分野の機器を、世界の研究者の方々に提供しています。

 

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店です。日本では唯一emka TECHNOLOGIES社と取引できる窓口となっております。日本国内で展開される様々な研究プロジェクトを支え、研究者の皆様がより効果的かつ効率的に研究を進められるよう、迅速で専門的なサポートを提供しています。

emkaLogo.png

​​主な製品

  • マウス・ラット用テレメトリー

  • ジャケットテレメトリー

  • オーガンバス

  • ランゲンドルフ

scireq.png

​​主な製品

  • マウス・ラット肺機能測定装置

  • マウス・ラット呼吸測定装置

  • 吸入暴露装置

  • ​細胞暴露装置

bottom of page