top of page
肺がん研究

肺がんは、世界中でがん関連死亡の主な原因となっています。死亡率を減らすためには、肺病変の早期発見と正確な診断が重要です。肺がんの根本的なメカニズムや先進的な治療アプローチの発見における共同研究の必要性は依然として残っています。SCIREQ社は、前臨床研究のための最先端の機器を提供しています。

 

がんモデルの作製と治療アプローチの進歩は、前臨床がん研究の重要な要素です。SCIREQ社は、がんモデル作製のためのツールと、治療アプローチとしての外科手術の進歩を小規模の被験体で調査できるツールの両方を提供しています。

 

さらに、局所吸入薬物送達は、部位特異性、低用量、レシピエントのコンプライアンスなどの理由から、肺がん治療のための治療薬のより優れた活性を達成する戦略として科学者の間で関心を集めています。

flexiVent

高度な肺機能測定

flexiVent

前臨床レベルでは、小柄な被験者で腫瘍の進行や表現型の変化を研究する場合、研究を継続するために非末端手術を行うことが重要です。フレキシベントはプログラム可能な機械式人工呼吸器であり、小柄な被験者を対象とする多くのがん研究で貴重な存在となっている。flexiVentは強制振動法(FOT)を用いて、麻酔をかけた被験者の肺の力学的特性を詳細かつ再現性のある方法で調べます。flexiVentは、マイクロCTイメージングを用いて癌の進行を追跡するための機械的換気のゴールドスタンダードであることが証明されています。flexiVentのプログラム可能な側面は、息止め中の画像撮影を可能にすることで高度なゲーティング技術を可能にし、画像のコントラストと解像度を向上させます。

論文

inExpose

再現性の高い曝露、正確な送達

inExposeは、コンパクトでカスタマイズ可能な吸入曝露システムです。inExposeは、エアフローレートとエアロゾル発生デバイスを制御することにより、一貫性のある正確な標的エアロゾル送達のために特別に設計されています。自動化された曝露プロファイルは、ユーザーエラーを減らし、結果のばらつきを最小限に抑えます。inExposeは、実験を通して被験者が反復可能かつ一貫した曝露を受けることを保証し、これはがんモデルの生成やエアロゾル化治療薬の抗がん活性の研究に有用です。薬物送達経路として吸入を考慮する場合、inExposeは実験条件を標準化し、再現性のある適切な動物モデルを提供します。さらに、inExposeは典型的な吸入パラメータを超える実験条件の制御を提供し、治療薬にユニークな試験環境を提供します。

論文

vivoFlow

意識下での呼吸機能測定

全身プレチスモグラフ

呼吸機能は、さまざまなプレチスモグラフィーを用いて、意識のある被験体で評価することができます。全身プレチスモグラフィは、意識のある被験者の呼吸パターンを連続的かつ非侵襲的に評価することができます。呼吸数、推定呼気量、および分時換気量の測定は、被験者の呼吸駆動および行動に関する貴重な洞察を提供します。プレチスモグラフィーを用いたがん研究では、ノックアウト集団と対照集団の呼吸機能に対する様々な遺伝子欠失の影響を評価しています。全身プレチスモグラフィーは、動物のチャレンジに対する反応性を評価するためにも使用されます。

論文

emka TECHNOLOGIES社は、1992年にフランスで設立され、当初は、アイソレーテッドオーガンバスやランゲンドルフ灌流装置を開発、製造しており、2000年には非侵襲性のテレメトリーをリリース、2014年には、SCIREQ社(カナダ)をグループに入れることにより、呼吸器研究用機器を製品ポートフォリオに加え、幅広い分野の機器を、世界の研究者の方々に提供しています。

 

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店です。日本では唯一emka TECHNOLOGIES社と取引できる窓口となっております。日本国内で展開される様々な研究プロジェクトを支え、研究者の皆様がより効果的かつ効率的に研究を進められるよう、迅速で専門的なサポートを提供しています。

emkaLogo.png

​​主な製品

  • マウス・ラット用テレメトリー

  • ジャケットテレメトリー

  • オーガンバス

  • ランゲンドルフ

scireq.png

​​主な製品

  • マウス・ラット肺機能測定装置

  • マウス・ラット呼吸測定装置

  • 吸入暴露装置

  • ​細胞暴露装置

bottom of page