top of page

表現型解析(フェノタイピング)と遺伝学的研究

動物モデルの表現型解析(フェノタイピング)と遺伝学的研究は、ヒトにおける遺伝子機能をより深く知るための前臨床研究の重要な研究です。一つの遺伝子が、複数の臓器系や発生中の時点にわたって異なる影響や機能を持つことがあります。従って、表現型決定プロセスは、そうしなければ隠れてしまうような特定の表現型を出現させることができるように、高度に標準化されていなければなりません。遺伝学的研究のための表現型は、一貫して高い再現性と妥当性の基準を満たす必要があります。

flexiVent

包括的かつ統合的な評価

flexiVent

トランスレーショナルリサーチはますます重要性を増しており、疾患病態をより深く理解するために必要です。flexiVentはマウスモデルの肺機能を精密に測定し、潜在的な肺表現型の初期スクリーニングとして使用できます。これらの測定は非常に高感度で再現性の高い操作であるため、有意な変化を評価することができ、肺の構造に関する情報を得ることができます。

論文

inExpose

コンパクト、再現性、自動化

疾患モデルは、急性または慢性のプロトコルを用いて被験者をエアロゾル、スモーク、または蒸気に暴露し、関連する表現型を確立することで作成されることがよくあります。inExposeは、自動化された暴露プロファイルによって試験雰囲気を繰り返し正確に供給できるように特別に設計されており、ユーザーエラーを低減し、被験者、試験、研究グループ間の結果のばらつきを最小限に抑えます。inExposeは様々な設定やプロトコルの下で作動し、被験者が実験中一貫した暴露環境を繰り返し受けられるようにします。適切で実用的な動物モデルを作成することは、前臨床環境から得られた結果を疾患病態のより深い理解につなげるための鍵となります。

論文

vivoFlow

症状スクリーニング

全身プレチスモグラフ

全身プレチスモグラフィは、意識のある被験者の呼吸パターンを連続的かつ非侵襲的に評価することができます。呼吸数、推定潮容積、分換気量、無呼吸や深いため息などのイベントの測定は、被験者の呼吸駆動と行動に関する貴重な洞察を提供します。プレチスモグラフィーを用いた遺伝学的研究では、呼吸の制御や活動に対する様々な遺伝子の影響を評価し、スクリーニング目的でしばしば用いられます。

論文

emka Technology社は、1992年にフランスで設立され、当初は、アイソレーテッドオーガンバスやランゲンドルフ灌流装置を開発、製造しており、2000年には非侵襲性のテレメトリーをリリース、2014年には、SCIREQ社(カナダ)をグループに入れることにより、呼吸器研究用機器を製品ポートフォリオに加え、幅広い分野の機器を、世界の研究者の方々に提供しています。

 

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店です。日本国内で展開される様々な研究プロジェクトを支え、研究者の皆様がより効果的かつ効率的に研究を進められるよう、迅速で専門的なサポートを提供しています。

emkaLogo.png

​​主な製品

  • マウス・ラット用テレメトリー

  • ジャケットテレメトリー

  • オーガンバス

  • ランゲンドルフ

scireq.png

​​主な製品

  • マウス・ラット肺機能測定装置

  • マウス・ラット呼吸測定装置

  • 吸入暴露装置

  • ​細胞暴露装置

bottom of page