単一心室筋細胞における"Omecamtiv Mecarbil"(ミオシン活性化薬)の機構的特性

駆出率の低下による心不全(HFrEF)治療は、主に心収縮に影響を与える変力性化合物(強心剤)が用いられます。ただし、強心剤という単語は曖昧で且つ異なる効力をもつ薬剤を同一視する傾向があります。

現在、ほとんどの治療用強心剤は、細胞内カルシウムまたはカルシウム感受性を増幅させることにより、カルシウム処理に影響を及ぼします。この最近のレビューで叙述されているように、これらの強心剤は正確には「カルシトロープ」と呼ばれます。カルシトロープは、短期間の心拍出量の改善に役立ちますが、心房細動と心室性不整脈のリスク増加に関連があります。より期待されいる強心剤である「ミオトロープ」は、カルシウム恒常性を変えることなく分子モーター調節に影響を及ぼし、長期的なリスクが低くHFrEF治療に効果的である可能性があります。


Pharmacology Research&Perspectives” に掲載された論文では、製薬会社アムジェンの研究者が「IonOptix社/Calcium&Contractility System」を用いて、カルシウムに依存しない薬 ”omecamtiv mecarbil(OM)” の筋向性メカニズム直接的な証拠を示しており、ある選択的ミオシン活性因子はHFrEF治療のため第三相臨床試験をしています。カルシウムと収縮性を同時に調査することにより、著者らはOMとISOを区別することができました。具体的には、OMがカルシウムトランジェントの変化を伴わずに収縮期間の増加を誘発する一方、”classical calcitrope isoproterenol(ISO) がカルシウムトランジェントの振幅と速度の増加とともに収縮の振幅と速度を増加させることを実証しました。


「イヌの分離された心室筋細胞でサルコメアが1μmol/Lまで短縮した時に測定されたCTに変化が見られないことは、OMが主に暴露療法レベルで細胞内カルシウム恒常性を変えることなく心臓収縮性を増加させたという直接的且つ有力な証拠です。」


詳細はオレンジサイエンスのHP www.orangescience.co.jpへ。

ご質問等は今すぐinfo@orangescience.co.jpへご連絡ください。


MultiCell calcium and contractility system? Our webinar highlighting best practices from isolation to precision data acquisition, data analysis, and post-analysis interpretation is now available on-demand.


Visit our website at www.orangescience.co.jp or

email info@orangescience.co.jp to find our more, now!