単離心筋細胞における活動電位、カルシウム、収縮性の同時計測


MultiCellのケーススタディ: ボルテージ、カルシウムと収縮性の同時計測

心筋活動電位中の細胞膜の脱分極は、物理的に心筋細胞の収縮を起こす大量のカルシウムイオンの流入を引き起こします。

何十年もの間、活動電位の測定は、多くの場合ロースループットなパッチクランピング技術という困難な方法で、カルシウムと収縮性の計測がそれぞれ別々に行われきました。新しい、光毒性が低く明るい膜電位感受性色素を最大限に活かすため、イオンオプティクス社のMultiCellを使用して、一つの心筋細胞で同時に電位、カルシウム、収縮性を記録できるというフィージビリティのケーススタディのデモンストレーションをご紹介します。


ケーススタディはこちらからご覧ください。


<Webinar情報>

また、12/3にはMultiCellに関連する下記のWebinarが開催されました。 A Comprehensive How-To Demonstration of Higher Throughput Excitation-Contraction Coupling Investigations 下記リンクに登録して頂くと、いつでもこのWebinarをご覧頂くことが可能ですので、こちらも是非ご覧ください!

https://onlinexperiences.com/scripts/Server.nxp?LASCmd=AI:4;F:QS!10100&ShowUUID=BA9C3E0F-F018-42BF-8996-E4CE49B9EF6B&AffiliateData=IonOptixMail MultiCellシステムに関する情報やオレンジサイエンスへのお見積もり依頼はこちらからお気軽にどうぞ。



ボルテージ、カルシウムと収縮性の同時計測


詳細はオレンジサイエンスのHP www.orangescience.co.jpへ。

ご質問等は今すぐinfo@orangescience.co.jpへご連絡ください。



セールスエンジニア募集中!!

オレンジサイエンスでは、一緒に働いて頂ける、セールスエンジニアを募集しております。詳細は下記リンクからご確認下さい。

https://www.orangescience.co.jp/recruit