top of page

Stargazer変異マウスのホームゲージ行動研究 EEG測定


Stargazer変異マウスのホームゲージ行動研究で

emka社の埋め込み型テレメトリー(easyTEL)が

EEG測定用に使用されました



 

Catharina Schirmer他(2022年)

「Stargazer変異マウスのホームゲージ行動」Nature


Catharina Schirmer et al.

「Home-cage behavior in the Stargazer mutant mouse.」 Nature. 2022


 


研究内容:


小児期発症の遺伝性てんかんの多くは、てんかん発作に神経行動障害や運動障害を伴います。このStargazer変異マウスは、Cacng2の遺伝子破壊による、欠神類似発作、及び棘徐波発作や小脳性歩行失調、前庭機能障害が生じ、行動表現型解析への従来のアプローチが制限されています。ここでは、ビデオトラッキングとホームゲージモニタリングを組み合わせ、Stargazer変異マウスの神経行動学的側面の解明を行いました


脳波測定として、Stargazer変異マウスにテレメトリー(easyTEL S_ETA)が埋め込まれ、発作が測定されました


 

<製品のご紹介>

製品名 easyTEL S_ETA



動物の体内へ送信機を埋込み、覚醒下、無拘束でバイオポテンシャルなどを測定、専用ソフトで解析することができます






<測定項目>

ECG / EEG / EMG / EOG のいずれか1ch・体温・活動量

※血圧測定はできません

保証 電池寿命 65日(連続使用時)・重さ3g



<システム構成例>




 

その他の製品は下記からご覧ください







Commentaires


bottom of page