top of page

希少肺疾患とは、2,000人に1人未満しか罹患しない肺疾患のことで、これらの疾患の最大80%は遺伝的要因によって引き起こされます。このような疾患は6,000種以上あり、その多くは希少疾患でもあります。希少疾患とは、医学界や科学界にとって治療法や現在進行中の開発が限られている疾患のことです。

 

多くの希少疾患は遺伝的背景に大きく影響されるため、疾患の表現型を再現する動物モデルの開発は希少疾患の研究にとって大きな開発障壁となりえます。

flexiVent

研究成果との関連性、臨床応用性、再現性

研究成果との関連性、臨床応用性、再現性

希少肺疾患の表現型を適切に特徴付けるために、新規モデルの肺生理学を測定することは、新系統の開発において極めて重要です。これらの違いは一過性に現れたり、見逃されやすい特徴であったりするため、データを定量化するためには極めて感度の高いシステムを使用することが不可欠です。

 

flexiVentは、非常に少人数の被験体で、疾患発現の些細な差の違いを明確にするために、高感度で再現性の高い表現型の特性解析を容易にします。詳細な呼吸メカニクスの測定と実験条件の設定オプションにより、新規株を用いた開発やその後の研究に必要な時間を短縮し、時間とリソースの両方を節約することができます。

論文

vivoFlow

呼吸パラメーターの繰り返し測定

全身プレチスモグラフ-呼吸パラメーターの繰り返し測定

意識のある被験体を繰り返し追跡する能力は、ユーザーの介入や侵襲を最小限に抑えながら、被験体の肺機能全般に関する貴重な洞察を提供します。プレチスモグラフィは、呼吸回数、潮容積、ピーク吸気流量またはピーク呼気流量などの換気パラメータの変化を強調するために使用され、匂い、エアロゾル、その他の刺激など、意識を必要とする介入において特に価値があります。これは、被験体の測定基準の変化に基づいて被験者を迅速にスクリーニングする強力な手段を提供します。これらの研究で利用可能な長い期間は、縦断的研究や、疾患の表現型により、より侵襲的な測定に対応できない非常に脆弱な被験体がいる場合に特に有効です。

論文

emka Technology社は、1992年にフランスで設立され、当初は、アイソレーテッドオーガンバスやランゲンドルフ灌流装置を開発、製造しており、2000年には非侵襲性のテレメトリーをリリース、2014年には、SCIREQ社(カナダ)をグループに入れることにより、呼吸器研究用機器を製品ポートフォリオに加え、幅広い分野の機器を、世界の研究者の方々に提供しています。

 

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店です。日本国内で展開される様々な研究プロジェクトを支え、研究者の皆様がより効果的かつ効率的に研究を進められるよう、迅速で専門的なサポートを提供しています。

emkaLogo.png

​​主な製品

  • マウス・ラット用テレメトリー

  • ジャケットテレメトリー

  • オーガンバス

  • ランゲンドルフ

scireq.png

​​主な製品

  • マウス・ラット肺機能測定装置

  • マウス・ラット呼吸測定装置

  • 吸入暴露装置

  • ​細胞暴露装置

bottom of page