top of page
発作とてんかん

てんかん発作は神経系の障害であり、脳内の誤った電気的活動の結果、行動、運動、感情、および/または意識レベルの変化を引き起こすと考えられています。

 

てんかん研究では脳波の痕跡から発作を検出しますが、心電図、筋電図、活動/行動など、他のパラメータにも注目することができます。例えば、SUDEP(てんかんによる予期せぬ突然死)は睡眠中に優先的に発生する可能性があることが研究により示唆されています。そのため、SUDEPやその他の併存疾患を研究する際には、独自の解析ソフトウェアを用いて、てんかん解析と睡眠解析を組み合わせることが重要な利点となります。

 

さらに、発作の検出は、毒物学や安全性薬理学の研究に取り組む際にも有用です。様々な薬剤や薬物の試験や、発作閾値や発作誘発に対するそれらの影響は、当該化合物や治療薬の安全性を決定する際に有効です。

 

発作の動きを同定して特徴づけ、発作の発生や強さについて洞察するために、生体電位収集と組み合わせた映像モニタリングも推奨されます。EEGと同期した動画撮影は、運動発作や非運動発作、あるいは行動アーチファクトの同定に役立ちます。

 

ワイヤレス技術により、自由に動く動物から大量のデジタルデータを常時転送することができます。この技術に関連する利点は十分に確立されています。自然に行動する被験者から得られるより質の高いデータは、詳細な生理学的事象を確実に捉えます。

easyTEL

埋め込み型遠隔測定

easyTEL

埋め込み型遠隔測定システムには様々なサイズのオプションがあります。

 

完全に埋め込み可能なeasyTEL+システムは、被験体がケージの中を自由に動き回ることができ、グループハウジングのオプションもあります。

げっ歯類では、単一の生体電位を取得し、活動と体温記録のオプションを提供します。

大型動物では、最大4つの生体電位(EEG、EOG、ECG、EMG)と、オプションで体温と活動モニタリングが可能で、同期ビデオ録画と組み合わせることができます。

rodentPACK

頭部装着型テレメトリー

rodentPACK

rodentPACKヘッドマウントシステムはワイヤレスで、被験体がケージの中を自由に動き回ることができ、グループ飼育も可能です。

 

rodentPACKシステムは、活動記録に加え、最大4つの生体電位(EEG、EOG、ECG、EMG)を収集することができます。rodentPACKはまた、埋め込み型遠隔測定に代わる費用対効果の高い選択肢として、被験者、コホート、および/または研究間でトランスミッタを再利用する機能を提供します。

eegPACK

非侵襲的遠隔測定

eegPACK - 非侵襲的遠隔測定

eegPACKシステムは、テレメーターを外科的に埋め込むことなく、神経学的および活動性の変化を収集します。

 

被験体には、ジャケットまたはヘルメットに収納された外部トランスミッターが装着され、表面リード線が頭皮にペーシングさ れます。被験者、コホート、および/または研究間でトランスミッタを再利用する能力を提供し、植え込み型遠隔測定に代わる費用効果の高い選択肢を提供します。

 

eegPACKシステムは、活動記録に加え、最大4つの生体電位(EEG、EOG、ECG、EMG)を収集できます。生理学的測定値は非侵襲的に取得され、Bluetoothまたは無線周波数によってワイヤレスで受信機に送信されます。

EEG+

ソフトウェアモジュール

EEG+

EEG分析ソフトウェアは、データを精査し、様々な薬剤、薬物、疾患モデルに対する被験体の反応を分析するのに役立ちます。行動検証のための時間同期ビデオによるEEG形態分析が可能です。

睡眠スコアリング

自動化された睡眠スコアリングにより、信号画面上にオーバーレイ可能な睡眠ステージングを通して、さらなる行動分析が可能になります。また、FFTスペクトル情報を信号画面に重ねて表示し、他の変数との関連でエポック間の変化を観察することもできます。

てんかん検出モジュール

EEG信号から、発作検出モジュールは自動的に発作を検出し、複数のユーザー調整基準と論理モードを組み合わせて以下のように生成しますし、発作はすべて記録されます。

  • 検出された発作をすべて表に記録

  • 無効な発作は削除可能

  • 未検出の発作を作成可能

  • 有効な発作はテキストファイルまたはxlsファイルにエクスポート可能

ヒートマップにより、様々なリードや脳領域にわたる疾患、活動性、または非干渉性に関連する、リードをまたがる、または時間経過による信号の変化を簡単に識別することができます。

​論文

emka Technology社は、1992年にフランスで設立され、当初は、アイソレーテッドオーガンバスやランゲンドルフ灌流装置を開発、製造しており、2000年には非侵襲性のテレメトリーをリリース、2014年には、SCIREQ社(カナダ)をグループに入れることにより、呼吸器研究用機器を製品ポートフォリオに加え、幅広い分野の機器を、世界の研究者の方々に提供しています。

 

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店です。日本国内で展開される様々な研究プロジェクトを支え、研究者の皆様がより効果的かつ効率的に研究を進められるよう、迅速で専門的なサポートを提供しています。

emkaLogo.png

​​主な製品

  • マウス・ラット用テレメトリー

  • ジャケットテレメトリー

  • オーガンバス

  • ランゲンドルフ

scireq.png

​​主な製品

  • マウス・ラット肺機能測定装置

  • マウス・ラット呼吸測定装置

  • 吸入暴露装置

  • ​細胞暴露装置

bottom of page