top of page

タバコ研究は、タバコおよびその使用が人々の健康や社会に与える影響を多角的に調査する学問分野です。タバコの煙への曝露が有害であることはよく知られています。喫煙防止と禁煙がこの蔓延に終止符を打つ鍵である一方、煙が誘発する病態生理学的メカニズムを理解するためにも、患者を治療するための新規治療薬を開発するためにも、科学的研究が必要です。この研究分野には、以下のような多岐にわたるテーマが含まれます。

タバコ研究のテーマ

健康影響の研究

喫煙が引き起こすさまざまな疾病(肺癌、心臓病、COPDなど)についての調査。
受動喫煙(他人のタバコの煙を吸うこと)が健康に与える影響。

社会経済的影響

喫煙に関連する医療費や経済的負担の分析。
喫煙と労働生産性や企業の医療コストに関する研究。

政策研究

禁煙政策や喫煙規制が健康および社会に与える影響。
税金、広告規制、公共の場での喫煙禁止などの政策の有効性の評価。

行動科学

喫煙の開始や継続に影響を与える心理社会的要因の研究。
禁煙支援のための行動介入や治療法の効果の検証。

タバコ製品の研究

電子タバコや加熱式タバコなどの新しいタバコ製品の影響評価。

タバコ製品の成分分析とその健康影響。

疫学研究

喫煙の流行状況や喫煙者の人口動態の調査。

喫煙に関連する健康リスクの統計的分析。

タバコ研究は、医療、公共保健、社会科学、経済学、政策学など多くの分野にまたがっており、各分野の専門家が協力してタバコ使用の全体像を理解し、その対策を講じるための科学的根拠を提供することを目的としています。

タバコ研究のアプリケーション例

タバコ研究にはさまざまな応用例や実際のアプリケーションがあり、これらは公衆衛生、医療、政策制定、産業規制など多岐にわたります。以下は具体的な応用例です。

健康リスク評価

喫煙による疾患リスク(肺癌、心臓病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)など)の評価。
受動喫煙の影響を評価し、家庭内や公共の場での喫煙禁止措置を推進。

禁煙支援

禁煙プログラムや治療法(ニコチン代替療法、薬物療法、カウンセリング)の効果を評価し、改良。
デジタルアプリやオンラインリソースを使った禁煙支援ツールの開発。

政策制定と規制

タバコ税や広告規制、包装の警告ラベルの効果を評価し、効果的なタバコ対策政策を提言。
公共の場での喫煙禁止措置の導入とその遵守状況のモニタリング。

製品評価と規制

新型タバコ製品(電子タバコ、加熱式タバコ)の安全性と健康リスクを評価。
製品成分の分析を通じて、有害物質の削減や規制の基準を策定。

教育と啓発

喫煙のリスクや禁煙のメリットに関する教育プログラムの開発と実施。

学校やコミュニティでの喫煙防止キャンペーンの展開。

疫学調査

喫煙率や喫煙行動のトレンドを把握し、特定の人口集団に対する対策を設計。

喫煙に関連する健康アウトカムを長期的に追跡し、疫学的証拠を蓄積。

経済的影響の分析

喫煙による医療費、労働生産性の低下、早期死亡による経済的損失の評価。
禁煙による経済的メリットや医療費削減効果の算出。

バイオマーカー研究

喫煙に関連するバイオマーカー(ニコチン、コチニンなど)の測定を通じて、個々の喫煙行動や曝露レベルを評価。

禁煙後のバイオマーカー変化を追跡し、禁煙の生物学的効果を確認。

環境影響評価

タバコ生産や廃棄物が環境に与える影響の評価。

フィルターやパッケージの環境負荷削減のための研究。

これらの応用例を通じて、タバコ研究は公衆衛生の向上、政策の改善、産業規制の強化、そして喫煙率の低減に寄与しています。科学的根拠に基づくデータと知見を提供することで、喫煙に伴う健康被害を減らし、社会全体の健康と福祉を促進するための重要な役割を果たしています。

タバコ研究・大麻研究の関連機器

タバコ研究の健全な科学的証拠を得るには長期間を要するため、タバコやタバコ関連製品の研究には共同努力が必要です。emka TECHNOLOGIES社は、基本的なin vivoおよびin vitro研究のための最先端の機器を提供し、吸入毒性学研究の最前線に立つ研究者の皆様の助けとなることを目標としています。

 

また、娯楽用大麻の合法化が進むにつれ、吸入された大麻の肺への影響や、エンドカンナビノイド系に対する理解を深めるための研究への関心が高まっています。

 

電子タバコ暴露研究用肺機器に関する詳細は、電子タバコアプリケーションのページをご覧ください。

inExpose

多用途、プログラム可能、再現可能

煙の成分は多くの技術的要因に影響されます。煙の成分またはその濃度は、煙がサイドストリーム、メインストリーム、または環境煙草の煙から汲み上げられるかどうかで異なります。また、煙の調製法(タバコの銘柄、水濾過煙またはフッカー、葉巻、電子タバコリキッドなど)や使用するパフプロフィールによっても異なります。煙の影響を評価する研究は通常、長期間にわたって実施されるため、各実験セッションで一貫して同じ煙組成を再現性よく導入することが重要です。

 

inExposeは汎用性が高く、プログラム可能でコンパクトな暴露システムであり、煙発生装置(タバコ喫煙ロボット、シングルシガレットチャンバー、電子タバコなど)またはネブライザーで構成して、研究内および研究室間で一貫して幅広い暴露を発生させることができます。inExposeシステムを使用することで、自動蒸気発生、カスタマイズ可能なパフ量、および周波数を使用して、タバコおよび大麻研究のための正確で再現可能な煙曝露モデルを作成することができます。

 

inExposeシステムには、統合型シガレット喫煙ロボット(CSRi)とシングルシガレットチャンバー(SCC)の2種類のたばこおよび大麻用アクセサリーがあります。どちらのシステムも、あらかじめ定義されたカスタマイズ可能なパフィングプロファイルを提供することができます。

論文

flexiVent

定量的、統合的、トランスレーショナルな成果

flexiVent-汚染物質反応を特定するための詳細な測定結果

呼吸器系に対する煙曝露の影響は、肺機能の変化を評価することによって最もよく把握することができる。これらの測定は定量的であり、複数の疾患決定要因(組織破壊の程度やパターンなど)の影響を捉えることができます。flexiVent(フレキシベント)システムは、1台の装置で幅広い肺機能測定が可能で、わずかな変化も見逃さない感度を備えています。全体的および詳細な呼吸力学、特定の肺容積、圧-容積、または流量-容積ループは、タバコや電子タバコに関連した研究で呼吸器系の特徴付けに使用できる測定値の例であり、いくつかの結果(FEV、肺容積など)はトランスレーショナルな価値も持っています。

論文

vivoFlow

慢性試験、換気パラメーター

全身プレチスモグラフ-意識下での測定、自発呼吸

煙に関連した前臨床試験は、多くの場合、数ヶ月間にわたる反復暴露を伴う慢性試験である。このような研究では、プレチスモグラフィ技術 (全身、ヘッドアウト、ダブルチャンバー) のいずれかを使用して、換気に対する煙曝露の有害な影響を縦断的に追跡できます。呼吸回数、潮容積、分時換気量などのパラメータは、室内空気下または大気変化下(低酸素、高カプニアなど)の両方で、これらの技術を使用して非侵襲的に求めることができます。適切なシステム構成により、咳イベントの記録と計算も可能です。

論文

TissueBath・オーガン灌流システム

伝統的、関連性、トランスレーショナル

喫煙は、煙に関連した肺疾患や心血管系疾患の共通の決定因子として確立されています。従って、煙やその成分への曝露は、気道や血管の平滑筋収縮性や弛緩性に影響を与える可能性があります。これらの影響は、単離された全組織調製物における濃度反応を研究する古典的でありながら関連性のあるトランスレーショナルなアプローチであるティッシュバスを用いて直接扱うことができます。この手法は、in vivoや臨床条件をシミュレートするために、様々な供給源や生物種から採取した収縮性組織に対して、様々な条件下で実施することができます(例えば、様々な酸素濃度)。

論文

expoCube

信頼性が高く効果的な試験管内暴露

気液界面で行われるエアロゾル暴露試験は、水中培養で行われるin vitro試験よりも科学的妥当性が高く、ヒトの生物学を予測することができます。Transwells®透過性支持体の使用により、細胞は基底面と頂端面の両方で別々に分子を取り込み、分泌することができるため、より自然な形で代謝活動を行うことができます。ExpoCubeは、培養液(血液側)の気相への曝露を防ぐことで、従来の細胞曝露システムよりもヒトの生理をより忠実に再現し、より自然な、あるいは「肺のような」曝露プロファイルを作り出します。

論文

easyTEL

信頼性の高い生理学的生体電位信号

easyTEL

easyTEL埋め込み型テレメトリーは、複数の生体電位(EEG、EMG、ECG、EOG)、血圧、体温、活動量を取得し、小動物から大動物まで、てんかん、高血圧、概日リズムなどに関連する睡眠の変化を研究します。

 

小動物用インプラントが最大2つの生体電位を最大150日間記録するのに対し、大動物用インプラントは最大4つの生体電位を最大125日間記録できます。

emka TECHNOLOGIES社は、1992年にフランスで設立され、当初は、アイソレーテッドオーガンバスやランゲンドルフ灌流装置を開発、製造しており、2000年には非侵襲性のテレメトリーをリリース、2014年には、SCIREQ社(カナダ)をグループに入れることにより、呼吸器研究用機器を製品ポートフォリオに加え、幅広い分野の機器を、世界の研究者の方々に提供しています。

 

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店です。日本では唯一emka TECHNOLOGIES社と取引できる窓口となっております。日本国内で展開される様々な研究プロジェクトを支え、研究者の皆様がより効果的かつ効率的に研究を進められるよう、迅速で専門的なサポートを提供しています。

emkaLogo.png

​​主な製品

  • マウス・ラット用テレメトリー

  • ジャケットテレメトリー

  • オーガンバス

  • ランゲンドルフ

scireq.png

​​主な製品

  • マウス・ラット肺機能測定装置

  • マウス・ラット呼吸測定装置

  • 吸入暴露装置

  • ​細胞暴露装置

bottom of page