top of page

ミクロトームとビブラトームの違いと使い方

ミクロトームとビブラトーム

ミクロトーム、ビブラトーム、振動ミクロトームなど、組織切片を作成する機器に関しては様々な呼称が存在しています。この記事ではそれぞれの機器の違いと特徴、使い方を説明します。

ミクロトームとビブラトームの例

ミクロトーム
ビブラトーム

ミクロトーム

ビブラトーム

ミクロトームとビブラトームの定義

ミクロトームとは

ミクロトームは、顕微鏡で観察するために、切片と呼ばれる組織の非常に薄いスライスを切り取るために使用される装置です。通常、鋭利な固定刃を使用して組織を切ります。切片の厚さは、刃を変えたり、ミクロトームの設定を調整することで調整できます。

ビブラトームとは

ビブラトームは、振動する刃を使って組織を切片にする装置です。ブレードの振動は組織の断裂を減らし、よりきれいで正確な切片を作るのに役立ちます。

ミクロトームとビブラトームの違い

ミクロトームとビブラトームの重要な違いの一つは、組織の切断方法です。ミクロトームは固定された刃で組織をスライスしますが、ビブラトームは振動する刃を使用します。これは、生成される切片の質と精度に影響します。さらに、ミクロトームは一般的に薄い切片を作成するのに使用されますが、ビブラトームは厚い組織サンプルに適しています。

 

また、ミクロトームとビブラトームでは、切片の精度や正確さにも違いがあります。ミクロトームは刃が固定されており、非常に薄く均一な切片を作成できるため、一般的に精度が高いです。ビブラトームの切片の精度はやや劣りますが、それでも多くの種類の研究や医療用途に適しています。

ミクロトームとビブラトームのどちらを使用するか

最終的に、ミクロトームとビブラトームのどちらを選択するかは、研究対象組織の種類や厚さ、切片の希望する厚さ、必要な精度や正確さなど、研究や用途の具体的な要件によって決まります。

ミクロトームもビブラトームも、顕微鏡検査用の組織サンプルを作製するために、研究室や医学研究所で一般的に使用されています。組織学、細胞生物学、病理学など、多くの科学・医学研究に不可欠なツールです。

ミクロトームの特徴

ミクロトームは通常、ブレード、標本ホルダー、標本を位置決めするためのステージで構成されています。ブレードはハンドルに取り付けられており、組織を薄い切片に切断するために使用さ れます。試料ホルダーは組織を固定し、ステージはブレードに対して組織を位置決めします。

 

組織が標本ホルダーにセットされると、ブレードを使って組織を薄く切り、それをスライドなどに集めて顕微鏡で観察します。切片の厚さは、刃を変えたり、ミクロトームの設定を調整することで調整できます。

 

ミクロトームは、研究者が細胞レベルで組織の構造と機能を研究することを可能にするため、多くの種類の科学・医学研究に不可欠なツールです。研究室、病院、その他の医療施設で一般的に使用されています。

ミクロトームの使い方

ミクロトームを操作するには、以下の手順に従います。

ミクロトームの準備

ミクロトームが清潔で正常に作動することを確認します。刃が鋭利で適切に取り付けられていること、標本ホルダーが清潔で良好な状態であることを確認します。

標本の準備

切り取る組織の種類によっては、ホルマリンやその他の固定剤で固定したり、パラフィンやその他の包埋剤に包埋する必要があります。使用するメーカーやプロトコルの指示に従ってください。

標本をマウントする

組織標本を標本ホルダーに置き、ブレードに対して正しい位置にあることを確認します。ミクロトームによっては、標本を固定するクランプやその他の機構がついているものもあります。

厚みを調整する

ミクロトームの調整機構を使って、切りたい切片の厚さを設定します。ミクロトームによって厚みの調整方法が異なるので、具体的な方法は取扱説明書を参照してください。

切片を切断する

片手でブレードのハンドルを持ち、もう一方の手で標本ホルダーのハンドルを持ちます。滑らかで安定した動きで、ゆっくりと注意深く組織を通して刃を進めます。切片をスライドなどの上に集め、顕微鏡で観察します。

ミクロトームの洗浄

切片を切り終えたら、ミクロトームの刃、標本ホルダー、その他の部分をメーカーの指示に従って清掃します。こうすることで、ミクロトームが良好な状態に保たれ、今後も使用できるようになります。

ミクロトームを使用する際は、保護メガネと手袋を着用し、刃の取り扱いに注意するなど、適切な安全手順に従うことが重要です。ミクロトームを操作する前に、ユーザーマニュアルやその他の関連する安全ガイドラインを参照してください。

ビブラトームの特徴

ビブラトームは、顕微鏡で観察するために組織を薄く切り取るための科学機器です。ミクロトームに似ていますが、固定された刃で組織を切断するのではなく、振動する刃を使用します。

 

ビブラトームは通常、ブレード、標本ホルダー、標本の位置決め用のステージから構成されます。ブレードはハンドルに取り付けられ、高周波で振動させて組織を薄く切断します。試料ホルダーは組織を固定し、ステージはブレードに対して組織を位置決めします。

 

ビブラトームを使用するには、組織片を標本ホルダーにセットし、ブレードに相対する位置にセットします。その後、ブレードを作動させ、ブレードが振動しながら組織を薄い切片に切断します。切片はスライドなどに集められ、顕微鏡で観察します。

 

ビブラトームは、顕微鏡検査用の組織サンプルを準備するために、研究室や医学研究所で一般的に使用されています。振動する刃が組織の断裂を抑え、よりきれいで正確な切片を作成できるため、特に厚い組織サンプルの切断に有用です。

ビブラトームの使い方

ビブラトームを操作するには、以下の手順に従います。

ビブラトームの準備

ビブラトームが清潔で正常に作動することを確認します。刃が鋭利で適切に取り付けられていること、標本ホルダーが清潔で良好な状態であることを確認します。

標本の準備

切り取る組織の種類によっては、ホルマリンやその他の固定剤で固定したり、パラフィンやその他の包埋剤で包埋する必要があります。使用するメーカーやプロトコルの指示に従ってください。

標本をマウントする

組織標本を標本ホルダーにセットし、ブレードに対して正しい位置にあることを確認します。ビブラトームによっては、標本を固定するためのクランプやその他の機構を備えているものもあります。

厚みの調整

ビブラトームの調整機構を使用して、切断する部分の厚みを設定します。ビブラトームによって厚みの調整方法が異なるため、具体的な手順については取扱説明書を参照してください。

切片を切断

適切なボタンまたはスイッチを押して刃を作動させます。片手で標本ホルダーのハンドルを持ち、もう一方の手で組織に刃を通す。切片をスライドなどに集め、顕微鏡で観察します。

ビブラトームの洗浄

切片を切り終えたら、刃、試料ホルダー、その他のビブラトームの部品を、製造元の指示に従って清掃します。こうすることで、ビブラトームが良好な状態に保たれ、将来も使用できるようになります。

ビブラトームを使用する際は、保護メガネや保護手袋を着用し、刃の取り扱いに注意するなど、適切な安全手順に従うことが重要です。振動板を操作する前に、取扱説明書や関連する安全ガイドラインを参照してください。

Precisionary ビブラトーム VF-510-0Z

Precisionary Compresstome® VF-510-0Zは細胞や組織の切片を特許取得済みの圧縮技術によりビビリなしで作製し、急性組織上の多くの生存細胞を維持します。解析した後、組織を取り出しスライスしたり、組織1つから複数の組織サンプルを取得することが可能です。

 

特許取得済みの圧縮技術によりビビリ・チャタリングなしで切片を作製し、急性組織上の多くの生存細胞を維持。良質な実験結果を保証します。

  • 従来のビブラトームの5倍の速さで切開し、ブレードを組織に当てる時間を短縮し、より良い切開を実現

  • Auto Zero-Zテクノロジーにより、Z軸のたわみを1 µm未満に低減

  • 持ち運びに便利な軽量設計

  • 完全自動化:切開+厚み調整

組織切片作成スライサー

Precisionary ビブラトームの利点

市販されている他の組織スライサーには、組織サンプルを接着する平らなステージがあり、切断刃が水平に近づきます。しかし、ブレードは組織サンプルを簡単に押し、押しつぶしたり、傾けたり、圧縮したりするので、これらの影響はすべて、細胞や組織構造に損傷を与える可能性があります。

P3.png

アガロースに組織を埋め込むのは簡単で、組織を傷つけないことが証明されています。アガロースは、Compresstome® での切断時に組織を安定させるのに役立ちます。これにより、滑らかな表面を持つスライスが得られ、組織を傷つけたり破壊したりすることはありません。アガロースを包埋することで、ビビリ跡のない均一な組織スライスが得られます。

Compresstome® ビブラトームは、他のビブラトームと比較して、免疫組織化学や電気生理学のための組織切片をより一貫して作成できることが科学的に実証されています。ここでは、Compresstome® 組織スライサーで作製した組織切片と切片のビビリ・チャタマークが大幅に減少していることがわかります(A, C)。他社のスライサーでは、同じ切削速度と振動数で切片を作製すると、組織切片の表面にビビリが発生します。

Compresstome® 振動式ミクロトームと他社製振動式ミクロトームによる組織切片の比較

アプリケーション

臓器システム

脂肪
副腎
脳(固定)
脳(生体または急性)
脳幹
乳房
軟骨
小脳
心臓
腎臓
肝臓
筋肉
膵臓

動物モデル

鳥(ゼブラフィンチ)
ひよこ
魚類
モルモット
ヒト
マウス
ブタ
植物
ラット

実験

オルガノイド
材料&バイオエンジニアリング(ポリマー)
大サンプル(全臓器)切片化
ハイスループットセクショニング
遺伝子シーケンス(単一細胞分離)
電気生理学
電子顕微鏡

特徴

A. 耐久性
静かで耐久性のあるパワフルなコードレスモーターを搭載

B. 洗浄が簡単
取り外し可能なバッファートレイとチューブベースにより、洗浄とチューブサイズの変更が容易

C. 切断サンプルの迅速な装填
スライド式コントロールボックスのワンタッチロック解除機構により、迅速なサンプルローディングが可能

D. ユーザーフレンドリーなコントロール
完全に統合されたコントロールボックスは、組織切片作成を制御するための直感的な制御パラメータを備えています。

E. 複数のブレードタイプに対応
新しいマグネット式ブレードホルダーにより、ステンレス製ブレードはマグネットで簡単に装着でき、セラミック製およびタングステン製ブレードは接着剤で装着できます。

F. 取り付けが簡単なブレードホルダー
ブレードの角度が固定されているため、手動での位置合わせが不要。

G. ミクロトームの長寿命化
内蔵のシースルーカバーにより、エアロゾル化した緩衝液から振動部を保護

Compresstome©ビブラトームの利点

アガロース包埋

アガロース包埋とは、Compresstome©振動型マイクロトームで組織切片を切り出す前に、組織試料をアガロース溶液で包埋することです。切片作製にかかる時間はほんのわずかで、より健康的で滑らかな組織スライドを作製できます。

Auto Zero-Z®テクノロジー

振動ヘッドは、Z軸方向の振動をなくすように正確に調整されています。Auto Zero-Z®テクノロジーは、生きた組織サンプルの表面細胞へのダメージを軽減し、薄切片のチャタリングを低減してイメージング結果を向上させます。

豊富なアプリケーション例

Precisionary社は、20年近くにわたり組織スライス装置を専門に扱ってきた会社です。免疫組織学や組織切片の培養、電気生理学や植物研究など、幅広いアプリケーションと引用実績があります。

仕様

レビュー

Precisionary-Compresstome.jpg
Joanthan-Ting_Profile-Picture.jpg

ジョナサン・ティン博士

アレン研究所

この装置の主な利点は、スライスのスピードが速いことと、アガロース包埋による手動の安定化です。冠状面でも水平面でも均一なスライスを作成することができ、経心筋灌流、脳の摘出、スライスをすべて10分以内に完了させることが日常的になっています。

Claudia-Loebel_Profile-Pic-150x150.jpeg

クラウディア・ローベル博士

ミシガン大学

Compresstomeビブラトームを精密肺切片(PCLS)実験に使用していますが、切片作成に非常に満足しています。Compresstome は定期的に(週に何日も)使用しています。

Shaoyu-Ge-e1657561479531-150x150.jpeg

Shaoyu Ge博士
神経生物学部門、SUNY

私たちは様々なベンダーのミクロトームを使用した経験がありますが、Compresstome®の優れたスライス能力に興奮しています。

Cynthia-Koziol-White_Profile-Picture-150x150.jpg

Cynthia Koziol-White博士
ラトガース大学

Compresstomeは本当にきれいな肺切片を作ることができただけでなく、Krumdieckよりも多くの肺切片を作ることができました。低融点アガロースを注入した肺サンプルを切開したのですが、Compresstomeのおかげで数日間PCLSを作ることができました。これにより、肺スライスからの出力はKrumdieckより大幅に増加しました。

振動ミクロトームのモデル

VF-510-0Z

全自動

アプリケーション

  • 電気生理学

  • スライス培養

  • イメージング

VF-210-0Z

半自動・手動厚み送り

アプリケーション

  • 電気生理学

  • イメージング

  • スライス培養

VF-300

全自動

アプリケーション

  • 電気生理学

  • イメージング

VF-800-0Z

大口径ビブラトーム、ヒト、霊長類、全臓器用

アプリケーション

  • 脳(固定)

  • 免疫組織化学

  • ハイスループット切片作製

回転式ミクロトームのモデル

RF-600

手動

アプリケーション

  • 病理組織学

  • 免疫組織化学

  • 植物研究

回転式ミクロトーム RF-600

RF-800

半自動、手動による厚さ調整

アプリケーション

  • 病理組織学

  • 免疫組織化学

  • 植物研究

RF-1000

全自動

アプリケーション

  • 病理組織学

  • 免疫組織化学

  • 植物研究

​関連製品

flexiVent

肺機能測定・解析

flexiVent肺機能測定・解析ソリューションは、in vivo呼吸力学測定のゴールドスタンダードとして広く知られています。従来の肺換気の抵抗とコンプライアンス力学を超え、中枢気道、末端気道、実質の力学的特性に関する重要な詳細を測定・解析します。

flexiVentは実験条件を精密にコントロールすることで、最高の感度と再現性を実現しています。

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店であり、日本国内においてemka TECHNOLOGIES社との唯一の取引窓口です。

flexiVent肺機能測定・解析ソリューション
flexiVent肺機能測定・解析ソリューション-オプション
flexiVent肺機能測定・解析ソリューション-拡張
flexiVent肺機能測定・解析ソリューション-サイズ

vivoFlow

呼吸機能解析

vivoFlowは無拘束での呼吸機能解析装置です。全身、ヘッドアウト、ダブルチャンバーでの呼吸機能解析を提供します。

プレチスモグラフィは、意識のある自発呼吸の実験室被験者の肺機能を研究するための標準的な方法です。気圧脈波法では、被験者が呼吸している間、薬物やその他の刺激にさらされる前後に生じる流量と圧力の変化を測定します。さまざまな被験者のサイズやタイプに容易に適応でき、被験者を連続した実験日に何時間も研究する縦断的研究によく使用されます。

vivoflow.jpg
rat-vivoflow.jpg
plethscreen.jpg
Mouse-vivoFlow-System_Camera_Custom-angle-2.jpg
bottom of page