マイクロスケール圧縮強度測定装置(MicroTester G2・LT)

​FAQ・トラブルシューティング

ここでは、ユーザー様からのお問合せをまとめております。

MT-black-3.jpg
 

​FAQ

Q. 測定可能なサンプルの最小サイズはどのくらいですか?

A.  50µm以上の厚みがあれば測定可能です。

Q. どのくらいの力が測定できますか?

A.  ビームの径を変えることにより、4µN∼約570,000µNまで測定可能です。

Q. 液中での測定はできますか?

A.  ​可能です。

Q. G2とLTモデルの違いは何ですか?

A.  ​測定できる力は同じですが、アクチュエーターの制御方法とカメラの解像度が違います。微弱な力を測定するのであればG2モデルをお勧めします。

Q. LTからG2モデルへのアップグレードは可能ですか?

A.  申し訳ございませんが、対応できません。

 

トラブルシューティング

Q. デバイスが検出されない

​A.  USBの接続不良が考えられます。USBケーブルを一度取外し、再度接続して下さい。その際、一度ソフトウエアを落とし、装置の電源を入れてから、ソフトウエアを立ち上げて下さい。

Q. ステージ(カメラ)が動かない

​A.  モーターの初動に少し力が必要な場合があります。もし本体の電源を入れなおしても解決されない場合は、ソフトウエアでステージを動かしながら、動かしたい方向へ、指で軽くステージを押してください。

Q. 反応が無い(フリーズ)

​A.  装置の電源を入れなおしてください。その際、一度ソフトウエアを落とし、装置の電源を入れてから、ソフトウエアを立ち上げて下さい。

Q. 温度が正しく表示されない

​A.  温度センサーの異常が考えられます。まずは装置の電源を入れなおして下さい。それでも解決しない場合は、センサーの故障、もしくは接続不良の可能性がありますので、弊社へご連絡下さい。

Q. 測定中にビーム(Piezo)が勝手に動き止まらない

​A.  まずは装置の電源を入れなおしてください。それでも解決しない場合は、Piezo Calibrationが正常に完了しなかったことが考えられますので、再度Piezo Calibrationを行ってください。

​それでも解決されない場合は、fileが壊れてしまった可能性がありますので、弊社へご連絡下さい。

Q. 正常なデータが取れない

​A.  実際のカメラの倍率、装着したビーム径が、ソフトウエア上の設定と異なっている可能性があります。画面左下の操作画面のカメラの倍率、menuから、equipment settingのビーム径が合っているか確認して下さい。それでも解決されない場合は、Optical、PiezoのCalibrationが間違えていた可能性があります。再度、Calibrationをやり直して下さい。

Q. 設定値まで測定ができない

​A.  サンプルの強度と、ビームの強度が合っていない可能性があります。下記のデータを参考に、ビーム径をお選び下さい。また硬いサンプルですと、短時間での変形が難しい場合があります。その際は、押し込みを浅くし(20%ぐらい)、長い時間(50∼60秒)でお試し下さい。

これ以外の問題が発生した場合は、装置のカバーを開けることなく、弊社へご連絡下さい。

info@orangescience.co.jp