top of page

​耳

耳の研究は、聴覚と平衡感覚を支え、人間の生活の質全体に影響を与えるため、非常に重要です。内耳に焦点を当てた研究、特に電気生理学に関わる研究では、健康で正確な組織スライスの入手が不可欠です。高品質の組織サンプルは、聴覚および前庭メカニズムを正確に調査し、電気活動の正確な測定を可能にします。この精度は、難聴や平衡障害についての理解を深め、内耳に関連する症状に対処する効果的な治療法や介入策を開発するために不可欠です。

Precisionaryミクロトームの利点

  • 耐久性:耐久性のある構造

  • 充実した製品ライン:自動、半自動、手動のモデルがあります。

  • 所持が容易:強固なサプライチェーンと修理ルートにより、ご購入からメンテナンスまで確実にご利用いただけます。

  • ターンキーソリューション:ミクロトームを使い始めるために必要なものはすべて付属しているので、すぐに使い始めることができます。

  • リーズナブル:すべてのセットアップに費用がかからないため、他の機器に投資する予算を確保できます。

耳の組織切片作成 - 推奨モデル

VF-510-0Z

振動ミクロトームCompresstome® VF-510-0Zは特許取得済みの圧縮技術によりビビリ・チャタリングなしで切片を作製し、急性組織上の多くの生存細胞を維持。良質な実験結果を保証します。

  • 従来のビブラトームの5倍の速さで切開し、ブレードを組織に当てる時間を短縮し、より良い切開を実現

  • Auto Zero-Zテクノロジーにより、Z軸のたわみを1 µm未満に低減

  • 持ち運びに便利な軽量設計

  • 完全自動化:切開+厚み調整

組織切片作成スライサー

RF-1000

回転式ミクロトームRF-1000は、繰り返し組織スライスに最適な全自動モデルです。このモデルは、病理組織検査用のミクロトームおよび組織スライサーの最上位機種です。完全自動化により、信頼性と優れた操作性を提供します。RF-1000ロータリーミクロトームは、安定性と高精度の切断を実現し、研究室や臨床ラボでのパラフィンワックス包埋切片の切断など、多目的に使用できます。

研究室での実例

回転式ミクロトーム RF-1000の動作

回転式ミクロトーム RF-1000は全自動の回転式ミクロトームです。この動画で、主な機能とサンプルを切断する様子をご覧ください。

免疫療法研究におけるCompresstome®の使用

Astero Klampatsa博士(PhD)は、英国ロンドンがん研究所がん免疫療法のチームリーダーであり、英国キングス・カレッジ・ロンドンの上級講師です。中皮腫と肺癌に対する新規CAR T細胞療法の開発、および免疫療法に対する反応マーカーを同定するためのこれらの悪性腫瘍の免疫生物学に焦点を当てています。このウェビナーでは、Klampatsa博士が、Compresstome®を用いて、免疫療法研究のための生体外モデルとしてプレシジョンカット腫瘍スライス(PCTS)をどのように作成したかについて説明しています。

親油性染料、in situ ハイブリダイゼーション、免疫組織化学、組織学

Compresstome® 振動ミクロトームを使用して、親油性染料のトレース、ホールマウント in situ ハイブリダイゼーション、免疫組織化学、組織学を組み合わせた組織スライスを作成し、可能な限り最大限のデータを抽出する方法をご覧ください。

腫瘍のスライス:肺腫瘍スライス培養の試みからの考察

Tsilingiri博士は腫瘍免疫療法に取り組んでおり、Compresstome振動ミクロトームを使って、スライス培養における腫瘍組織と自己リンパ節細胞との相互作用を調べています。この研究は、EUが資金提供するコンソーシアムTumour-LNoC(Tumour-Lymph node on a chip)の枠組みの中で行われており、最終的な目標は、チップ上で転移プロセスを模倣し、転移細胞をリアルタイムでモニターすることです。

Compresstome®を用い二次元から三次元の病理組織学へ

Wong博士は、脳のような臓器全体の高速組織学的3Dイメージングのために、カスタムメイドのCompresstome®をどのように製作したかを紹介しています。

論文

Fritzsch B, Duncan JS, Kersigo J, Gray B, Elliott KL. Neuroanatomical Tracing Techniques in the Ear: History, State of the Art, and Future Developments. Methods Mol Biol. 2016;1427:243-62. PMID: 27259931; PMCID: PMC4993453. PDFダウンロード

Magnen M, You R, Rao AA, Davis RT, Rodriguez L, Simoneau CR, Hysenaj L, Hu KH; UCSF COMET Consortium; Love C, Woodruff PG, Erle DJ, Hendrickson CM, Calfee CS, Matthay MA, Roose JP, Sil A, Ott M, Langelier CR, Krummel MF, Looney MR. Immediate myeloid depot for SARS-CoV-2 in the human lung. Res Sq [Preprint]. 2022 May 17:rs.3.rs-1639631. PMID: 35611333; PMCID: PMC9128787. PDFダウンロード

振動ミクロトーム・ビブラトームのモデル

VF-510-0Z

全自動

アプリケーション

  • 電気生理学

  • スライス培養

  • イメージング

VF-210-0Z

半自動・手動厚み送り

アプリケーション

  • 電気生理学

  • イメージング

  • スライス培養

VF-300

全自動

アプリケーション

  • 電気生理学

  • イメージング

VF-800-0Z

大口径ビブラトーム、ヒト、霊長類、全臓器用

アプリケーション

  • 脳(固定)

  • 免疫組織化学

  • ハイスループット切片作製

回転式ミクロトームのモデル

RF-600

手動

アプリケーション

  • 病理組織学

  • 免疫組織化学

  • 植物研究

回転式ミクロトーム RF-600

RF-800

半自動、手動による厚さ調整

アプリケーション

  • 病理組織学

  • 免疫組織化学

  • 植物研究

RF-1000

全自動

アプリケーション

  • 病理組織学

  • 免疫組織化学

  • 植物研究

アプリケーション

臓器システム

脂肪
副腎
脳(固定)
脳(生体または急性)
脳幹
乳房
軟骨
小脳
心臓
腎臓
肝臓
リンパ節
筋肉
膵臓

実験

オルガノイド
材料&バイオエンジニアリング(ポリマー)
大サンプル(全臓器)切片化
イメージング
ハイスループットセクショニング
遺伝子シーケンス(単一細胞分離)
電気生理学
電子顕微鏡

動物モデル

鳥(ゼブラフィンチ)
ひよこ
魚類
カエル
モルモット
ヒト
マウス
霊長類
ブタ
ラット

​関連製品

flexiVent

肺機能測定・解析

flexiVent肺機能測定・解析ソリューションは、in vivo呼吸力学測定のゴールドスタンダードとして広く知られています。従来の肺換気の抵抗とコンプライアンス力学を超え、中枢気道、末端気道、実質の力学的特性に関する重要な詳細を測定・解析します。

flexiVentは実験条件を精密にコントロールすることで、最高の感度と再現性を実現しています。

オレンジサイエンスはemka TECHNOLOGIESの日本総代理店であり、日本国内においてemka TECHNOLOGIES社との唯一の取引窓口です。

flexiVent肺機能測定・解析ソリューション
flexiVent肺機能測定・解析ソリューション-オプション
flexiVent肺機能測定・解析ソリューション-拡張
flexiVent肺機能測定・解析ソリューション-サイズ

vivoFlow

呼吸機能解析

vivoFlowは無拘束での呼吸機能解析装置です。全身、ヘッドアウト、ダブルチャンバーでの呼吸機能解析を提供します。

プレチスモグラフィは、意識のある自発呼吸の実験室被験者の肺機能を研究するための標準的な方法です。気圧脈波法では、被験者が呼吸している間、薬物やその他の刺激にさらされる前後に生じる流量と圧力の変化を測定します。さまざまな被験者のサイズやタイプに容易に適応でき、被験者を連続した実験日に何時間も研究する縦断的研究によく使用されます。

vivoflow.jpg
rat-vivoflow.jpg
plethscreen.jpg
Mouse-vivoFlow-System_Camera_Custom-angle-2.jpg

Etaluma Lumascope

インキュベーター内で使用できる3色蛍光ライブセルイメージング蛍光顕微鏡

EtalumaのLumascope(ルマスコープ)は、優れた感度、解像度、ゼロピクセルシフトを備えた、半導体光学の新しいコンセプトで設計された、倒立型小型蛍光顕微鏡です。日々顕微鏡を使用する科学者によって考案、設計され、そのコンセプトデザインにより、インキュベーター、ドラフトチャンバーなどの限られたスペースの中で使用でき、幅広いラボウエアでのライブセルイメージングを可能にします。

多点観察モデル、定点観察モデルがあり、様々な観察シーンに対応できます。

Etaluma Lumascope LS850
Etaluma Lumascope LS820
Etaluma Lumascope 観察画像1
Etaluma Lumascope 観察画像2