心筋細胞・骨格筋細胞 電気刺激培養システム(C-Paceシステム)

​C-Dish 洗浄・殺菌方法

カーボン電極には無数の気泡があります。長時間の使用により、気泡に不純物がトラップされ、コンタミの原因となりますので、1回の使用後に下記手順での洗浄を推奨しております。

洗浄方法

精製水とスターラーでの撹拌洗浄を推奨しております。

  1. C-Dishのプラグ(C-Pace本体との接続部)に付属のゴム製のキャップをしっかりはめ込みます。

  2. ビーカー(1L)などに精製水を満たし、そこにC-Dishを入れます。

  3. ビーカーをスターラーの上に置き、数時間撹拌洗浄します。

  4. ​ビーカーから取り出し乾燥させて下さい。

殺菌方法

 カーボン電極は、メディアから塩分、電解副産物、タンパク質を吸収するため、コンタミの原因となりますので、24~48時間の使用毎に洗浄することを推奨します。
 定期的な洗浄を怠ると、電極から培地に溶け出した有毒な化学物質によって、培養中の細胞を死滅させる恐れがあります。

 推奨の洗浄方法は、蒸留水に浸して 2~3日放置しますが、スターラーを使用するとより効果的です。カーボンから溶出したpHインジケーター(フェノールレッド)により、蒸留水がピンク色になるまで、時々水を交換しながら洗浄してください。

精製水とスターラーでの撹拌洗浄を推奨しております。

  1. C-Dishのプラグ(C-Pace本体との接続部)に付属のゴム製のキャップをしっかりはめ込みます。

  2. スターラーウォーターバスや、ビーカー(1L)などに精製水を満たし、そこにC-Dishを入れます。

  3. ビーカーの場合は、スターラーの上に置き、数時間撹拌洗浄します。

  4. ​ウォーターバス、ビーカーから取り出し乾燥させて下さい。

洗浄方法

電気刺激ペーシング培養

注意!カーボン電極部分がスターラーに接触しないようにして下さい。

注意!

下記はメーカー推奨ではありません。

今までのユーザー様での実績をもとに、殺菌方法を紹介させて頂きます。

​問題が発生した場合は、弊社補償対象外となりますので、ご注意下さい。

殺菌方法

メーカー推奨ではございません。

上記洗浄方法でもコンタミが改善されない場合、ETOH70%で電極部分をワイプし、電極部分を裏返し、UVランプに当てて殺菌する方法を取られているユーザー様もいらっしゃいます。

オートクレーブ

メーカー推奨ではございません。

上記洗浄方法でもコンタミが改善されない場合、オートクレーブをされているユーザー様もいらっしゃいます。

​その場合は、121度以下、20分以下であれば、C-Dishへのダメージを軽減できると考えております。

こちらの動画で一連の使用方法・洗浄方法をご覧頂けます。