logo-orange.png

Lumascope蛍光顕微鏡 

ライブセルイメージング使用例 培養細胞(骨格筋)

InVitro運動モデル(培養骨格筋細胞 電気刺激観察)

 培養された骨格筋の筋管は、低酸素条件下で温度操作により電気的に刺激されます。 細胞シグナル伝達ダイナミクスは、プロテオミクス技術を使用して測定され、運動ストレス要因が、増加したミトコンドリアなどのフィットネス促進適応にどのように変換されるかを理解するのに役立ちます。

 写真のプローブは、大気中ではなく細胞培地中のPO2を測定します。 LS620は、収縮している細胞の視覚化とその健康状態の評価を可能にします。

​※筋細胞の収縮には、IonOptix社のC-Paceが使用されております。

提供:Dr David Clarke and his lab, Laboratory for Quantitive Exercise Biology, Simon Fraser University, British Columbia, Canada

IonOptix社のC-Pace(C-Dish電極)での電気刺激により収縮した筋細胞を観察

Lumascope 顕微鏡一覧

Lumascopesには様々なモデルがあり、位相差、1色蛍光、3色蛍光、手動ステージ、自動ステージなど、様々なシーンに応じたモデルを用意しております。

ライブセルイメージング蛍光顕微鏡LS720
ライブセルイメージング蛍光顕微鏡LS620
ライブセルイメージング緑色蛍光顕微鏡LS560
ライブセルイメージング明視野顕微鏡LS460
top-menu-logo-bg-100.jpg

メーカー別/製品別

​サポート