logo-orange.png

Lumascope蛍光顕微鏡

細胞分化 位相差タイムラプス観察

 etaluma社のLumascope蛍光顕微鏡は、今まで非常に困難だった、生体環境化に近い状態で細胞を観察できるよう、インキュベーター収まるサイズに設計された蛍光顕微鏡です。

 インキュベーター一体の蛍光顕微鏡ではインキュベーターの汎用性が無くなり、外付けのステージトップインキュベーターでは、長時間の観察で、環境が不安定になるという問題がありましたが、Lumascopeはこれらの問題も解決します。また、対物レンズは取り外しが可能なので、100倍(油浸)まで対応可能です。

 ここでは、Lumascopeを使った、5日間(120時間)タイムラプスの事例をご紹介します。

​ デモも可能ですので、ご興味のある方は、是非お問合せ下さい!!

3Ⅾプリント ヒトiPS細胞

A)3Dプリント後の未分化マーカー

B)3Dプリント後の明視野画像
C)分化遺伝子の発現

D)Geltrex /分化培地の3Dプリント凝集体のタイムラプス
 
Lumascope 620で、30分毎、5日間の明視野画像のタイムラプスモニタリングを実施し、3つの胚葉全てで、動的成長と外重積が見られました。

(タイムラプスの時系列は左から右)

Lumascope 顕微鏡一覧

Lumascopesには様々なモデルがあり、位相差、1色蛍光、3色蛍光、手動ステージ、自動ステージなど、様々なシーンに応じたモデルを用意しております。

ライブセルイメージング蛍光顕微鏡LS720
ライブセルイメージング蛍光顕微鏡LS620
ライブセルイメージング緑色蛍光顕微鏡LS560
ライブセルイメージング明視野顕微鏡LS460

メーカー別/製品別

​サポート