強度測定 - コンテンツ一覧 2ページ目

UV1cycle.jpg

機械的試験

機械的試験とは、引張や圧縮、曲げ、衝撃、ねじり、せん断など、サンプルに力学的な力を加え、その機械的性質を測定する試験です。試験には引張試験機や圧縮試験器、曲げ試験器などの材料試験機が用いられます。工業用や生体研究用など、様々な用途に合わせた試験機が作られています。

Univert-12.JPG

強度測定

セルスケール社のUniVert(ユニバート)は、最大 200N までの強度測定が可能な強度測定器です。工業用の強度測定器は大型で試験レンジが広いですが、UniVertは生体系サンプルの強度測定を得意とし、精度の高い試験・解析が可能です。

compression-tester.png

強度測定とは

強度測定とは、測定器を用いて細胞や生体サンプルにかかる圧縮の力や引張の力、曲げの力、収縮力、弾性力などの強度を測定することです。測定された値を細胞研究に用いることで、サンプルの機械特性の予測や研究などができ、様々な目的で実施されます。

DSC_0427.JPG

圧縮強度測定方法

圧縮強度測定方法では、圧縮強度測定を行うサンプルの固定やロードセル、ソフトウェアについてご説明します。

UniVert(ユニバート)は生体サンプルの圧縮強度をより簡単に、より正確に取得することができます。

Univert-20.JPG

クラスルームキット

ラボでの教育用に、サンプルが豊富に付属したクラスルームキットもございます。

Univert-26.JPG

圧縮強度測定

圧縮強度測定とは、サンプルを押しつぶした際に測定されるサンプルの機械的特性の数値を測定し、機械的強度を測定することです。

サンプルを圧縮した際に求められる反応や数値を測定し、サンプルの性能評価や強度の評価を行います。

Univert-25.JPG

メカニカルテスト

セルスケール社のUniVert(ユニバート)は、1N~200Nまでのメカニカルテストに対応する試験機です。
ロードセルを変えることで、1N~200Nまでのメカニカルテストが可能で、モジュラーコンポーネントも簡単に使用できます。

mt-g2-No-background-e1548338709219.png

強度測定器

最大 200N までの引張強度、圧縮強度、3点曲げ強度測定可能な強度測定器「UniVert」と、微細なサンプルや細胞の強度測定が可能な強度測定器「MicroTester」と、をご紹介し、強度測定器のアプリケーション例や画像、動画、細胞例、使い方などをご説明します。

univert1.jpg

試験例Paper

UniVertでは、生体サンプルから工業用サンプルまで幅広いサンプルの試験が可能です。

​ここでは、UniVertを使って、身近にあるトイレットペーパーの試験を紹介します。

Univert-13.JPG

引張強度

引張強度測定とは、サンプルに張力をかけた際に測定されるサンプルの機械的特性の数値を測定し、機械的強度の値を測定することです。サンプルに張力をかけた際の数値を計測することで引張強度や弾性率、降伏応力、ヤング率、ポアソン比を求めることができます。

Univert-21.JPG

曲げ強度測定

曲げ強度測定とは、サンプルに曲げる力を加えた際に測定されるサンプルの機械的特性の数値を測定し、機械的強度の値を測定することです。サンプルに曲げる力をかけた際の数値を計測することで、サンプルの機械的特性を知ることができます。

DSC_0428.JPG

引張強度測定方法

引張強度測定方法では、引張強度測定を行うサンプルの固定やロードセル、ソフトウェアについてご説明します。

UniVert(ユニバート)は生体サンプルの引張強度をより簡単に、より正確に取得することができます。

2.png

マイクロファイバー測定

ここでは、一例として、マイクロファイバーの引張強度測定をご紹介します。ファイバーのような柔らかく細いサンプルを引張りながら固定することは、強度測定装置の長年の課題でした。ここでは、その手法と結果をご紹介します。