伸展・圧縮刺激培養装置(メカノカルチャー・シリーズ)

圧縮刺激培養+Force測定/MCTX

 MCTXは、6個のWellにメカニカルな負荷を与えながら培養し、Well内のサンプルのForceを測定できる装置です。

伸展・圧縮刺激培養

仕様

装置寸法            16x19x16cm

重量                                                 4.1Kg

刺激モード                                         機械圧縮

チャンバー                                              6well

最大圧縮                                             約 0.2%

最大速度                                          2mm/秒

最大サイクル                                           2Hz

負荷容量                                          10~100N

メディア容量                                                -

伸展・圧縮刺激培養

​使用方法

 MCTXは、MCTRと違い、サンプルに直接機械的負荷を与えることができます。また、MCTRのようなエアーコンプレッサーは不要です。

 下図のように、Well内に底上げの治具を入れて、その上にサンプルを置きます。さらにその上にメンブレンをかぶせて、その上部に取り付けるアクチュエーターにより、メンブレンを通して、サンプルに直接機械的負荷を与えます。

画像1.png
画像3.png
画4.png
画像6.png

 但し、動作時にシステムを冷却するため、右のようなポンプが必要となります。このポンプは付属しますが、冷却水を供給するためのタンクをご用意頂く必要がございます。

画像5.png

メカノカルチャー・シリーズ 使用論文一覧

​※リンク先ページのMechanoCultureをご覧下さい